障害者地域活動支援センターでの本登録

季節は2月の終盤。

天候がコロコロと変わり、私の体調もコロコロ変わっていますが、昨年の11月から体験をしていた「障害者地域活動支援センターPK」で、ようやく本登録が終了しました。

障害者地域活動支援センターでの本登録

いつも通院している心療内科の先生に「医師の意見書」を書いてもらったので、早速、障害者地域活動支援センターPKに提出しました。

登録は簡単にすみ、会員カードをもらいました。次回からは会員番号を出席簿のようなものに書けば良い仕組みになります。

今までは、なんとなく「ただ通っているだけ」というような感じでしたが、会員カードをもらった私は「これでやっと一歩前進したなぁ」と実感しました。

 

障害者地域活動支援センターPKの会員になれたのに・・・

会員カードをもらった私ですが、私の2月の体調は最悪で、引きこもりがちになってしまいました。

原因は天候不順や生活習慣の乱れです。

天候は寒暖の差がもろに体に影響を与え、さらに生理になったりして、頭の鈍痛や倦怠感が強く出てしまいました。

一度仮眠に入るともうバタンキュー。体が半日しか持たない状況が毎日続き、心身共に疲労困憊でした。

この影響もあり、生活習慣の乱れとなって現れ、睡眠の質が悪くなり、それに輪をかけてまた夜食を食べるようになってしまいました。

 

このままではいけないと思えた私

しかし悪いことばかりではありませんでした。

以前でしたらウジウジ引きこもりのままでしたが、今は「このままではいけない!なんとか改善しよう!」と自分で思うことができました。

まずは夜食厳禁にしようと思いました。

夜食を食べるといっても、胃に負担のかからないものを食べていたのですが、やはり朝の体調が良くないことが多く、その分、気分も落ち込みがちになっていたのです。

だったら買い置きをなくし、きっぱりと夜食を食べることをやめようと思いました。食べずにいられなかったお菓子を断ち切ることができたのですからできないことはない!のです。

 

次に仮眠は一日一度にしようと思いました。

2月は体の調子が本当に良くなく、動くことで精一杯でで、仮眠もダラダラと取っていました。

そのため、夜の睡眠が浅くなってしまい、早朝に起きたり、夜食を食べたり、日中頭がぼーっとしたりしていました。

ですので、これからはメリハリをつけて仮眠をとるようにしようと思います。そうすれば、1日のサイクルがうまく回るでしょう。

 

(余談ですが、私のダラダラした疲労困憊の間中、主人が夕食のおかずを作ってくれました。いつも親身になってくれている主人に本当に感謝です。ありがとう・・・)

 

2月のこれからの生活

障害者地域活動支援センターPKの本登録を済ませ、会員カードをもらいましたが、今月はもう参加できるプログラムがありません。残念無念。

ですので、残りわずかですが、2月中に生活習慣の乱れを少しでも改善し、気持ち新たに3月から本会員として障害者地域活動支援センターPKのプログラムに参加したいと思っています。

「行ける時に行く、行けない時には行かない」という判断も自分でできるようになってきていますので、やはり障害者地域活動支援センターPKに行くようになって、少しずつですが自分が進歩したのかなと思っています。

私にとって自分の体調管理をすることはとても難しいことです。

この難しい体調管理を障害者地域活動支援センターPKを通して学ぶことができれば良いなと、今は考えています。

本当に障害者地域活動支援センターPKに出会うことができて良かったと痛感しています。

焦らず、慌てず、マイペースでやっていこう!

スポンサーリンク

発達障害とその支援

Posted by アスペ子