女性のアスペルガー症候群?

最近、発達障害の記事をよく見かけますが、その中で「女性と男性のアスペルガー症候群には多少の違いがある」ということを知りました。

これは「女性のアスペルガー症候群」という本に書かれているようです。

読んでみたくなった

今まで私はアスペルガー症候群は皆似たような症状だと思っていました。

しかし、この本によると「男性と女性のアスペルガー症候群には多少の違いがある」ということが書かれているようです。

 

早速、私の住んでいる図書館にあるかどうか検索したところ3冊ありました。

が、全部貸し出し中。そして予約の人がいました。

私は「ちょっと意外だな・・・悩む人がいるんだな・・・」と思いました。

貸し出し中だといつ読めるかわからないので、私も予約を入れました。

 

簡単にコミュニケーションについて

女性のアスペルガー症候群の人は、友達がいないわけではないのですが、交流の幅は狭いそうです。

アスペルガー症候群というと「空気が読めない」「コミュニケーションが苦手である」といった特徴があります。

しかし女性のアスペルガー症候群の場合、典型的なコミュニケーション障害は少ないようです。

だれも友だちがいないほど孤立していることはないものの、内気で交流の幅が狭いことがあるそうです。

つまり、コミュニケーションができないわけではないものの、ガールズトークが苦手で、何気ない世間話やおしゃべりが得意ではなく、話のペースについていけないことがあるということです。

また、女性同士の会話に求められる暗黙のルールがわからず、知らず知らずのうちに嫌われたり、のけものにされたりしてしまうこともあるようです。

 

確かに私の場合も上記のようなことが多々あります。

先日、25歳くらい下の姪っ子と遊んだのですが・・・

姪っ子なのだから気を遣わなくても良いはずなのに、私の中でどこか気を遣い、会話もままならなくなっていました。

いわゆるガールズトークができなかったのですね。

 

この時の私はパニックになり、鬱が出てしまいました。

「どうして?なんで?こんなはずではない・・・」

もう頭の中は真っ白で、早く帰りたいとさえ思ってしまいました。

 

少しずつでも治していこう

かといって、このままではこの先の人生に大きな支障が出てしまいます。

今回「女性のアスペルガー症候群」という本を予約したので、読んでみてまた感想をブログに書こうと思います。

アスペルガー症候群だからといって、みんな同じ症状ではないということがわかれば、少しは心が軽くなるのかなと思っています。

 

スポンサーリンク