新居時代〜その1〜

アスペ子は結婚しました。

自分では一生独身でいると思っていたので、なんだか不思議な感覚でした。それは主人も同じでした。お互いに一生独身と思っていたもの同士の新婚生活は、毎日がとても楽しく、でもどこかぎこちなく、他の人が見れば新婚ホヤホヤでした。

でもやっぱりアスペ子はアスペ子だったのです。

 

アスペ子の結婚生活はどうなることやら・・・

新居は主人が見つけてくれた木造アパートでした。アスペ子も事前に内覧したので文句なしの新居でした。

隣が幼稚園だったので休日は静かだし、私鉄にも近く、近所に小さなスーパーがあったので生活には困らない場所でした。

主人の職業はフリーライターで、会社員と違って月給制ではありませんでしたから、家賃を払う日がもうすぐなんだけどと言うと、お金を渡してくれるというような家計のやりくりでした。

その頃はアスペ子も失業保険がもらえていたので、お金に不自由はありませんでした。

ただ、家賃を含めてこれが1ヶ月の生活費だから、とお金をもらえなかったことに対して、アスペ子はちょっと不満と不安がありましたが、目の前の楽しい日々しか見ていませんでした。

そして・・・まだ入籍1ヶ月も経たない頃、事件が起きました。

それはアスペ子の言った一言から始まりました。

一人暮らしをしていた頃のアスペ子は、とても静かな環境で就寝していました。物音一つない空間の中での睡眠です。

しかし新居ではそうはいきませんでした。襖一枚隔てた向こう側では、ワープロで仕事をする主人がいたのです。

今思えばライターですから家に仕事を持ち帰って仕事をするのは当たり前です。ワープロ時代でしたから、キーボードの音がカチャカチャするのも当たり前です。

でも当時のアスペ子にはそれが「騒音」としか聞こえませんでした。煩くて煩くて、布団を被ってもカチャカチャ音が消えなくて、もうその時のアスペ子は鬼の形相でイライラの頂点でした。

そして乱暴に襖を開け「ワープロの音が煩くて眠れない!」と怒鳴ってしまいました。

人は体が固まって動けなくなってしまいました。その後も文章が頭に浮かばなくなったり、字が書けなくなったりしてしまいました。いくらアスペ子がごめんなさいと謝っても、半月くらい放心状態が続いてしまいました。

 

アスペ子の結婚は結婚ではなかった?

そんな事件のあった直後に、新婚旅行へ行きました。

主人の両親や親戚の方の提案でハワイに行くことが決まっていたからです。アスペ子たちには貯蓄が全くなかったので全額、両親や親戚の方が祝いだと出してくれました。

ハワイは初めてでしたが、謎のハンバーガー屋さんのハンバーガーがとても美味しかったです。

海に行ったり、プールに行ったり、バスに乗ったり、アスペ子は楽しかったのですが、主人は前述の事件のこともあり、この頃からアスペ子に対して「一緒にやっていけるかわからない」という気持ちがあったそうです。

新婚旅行から帰って来て間もなく、主人は本格的なフリーライターをやめました。書けなくなったものを取り戻すには膨大な時間が必要だと言うことでした。辛かったと思います。

でもアスペ子はその辛さを全く分かっていませんでした。人の気持ちを察することができないからです。

それからは細々とライターの仕事を続け家計を支えてくれた主人ですが、心身ともに疲れ果てていました。

それなのにもかかわらず、アスペ子は主人が仕事で出かけている時は、家で掃除をしたり、洗濯をしたり、お菓子を食べたりしてのんびり過ごしていました。

そうなると自然と「働く」ことが面倒になってきてしまい、主人の稼ぎでなんとかやっていけるなら働きに出なくてもいいかなと思い始めていました。この頃はスリムだった体型も、倍くらいにまで太ってしまっていたので外に出る気が起きなかったこともありましたが、何と言っても知らない土地の社会に出て働くということは、アスペ子にとってストレス以外の何でもなかったのです。

そんな時、主人がアスペ子に心療内科に行ってみてはどうかと提案してきました。

主人はアスペ子が「うつ状態」になっていると思っていたのです。アスペ子もイライラしたり、落ち込んだり、ハイになったりが激しかったので、思い切って心療内科に行くことにしました。

 

初めての心療内科への通院

行った病院は精神科、心療内科の病院でした。

アスペ子は先生に今まで育ってきた環境などの鬱憤を洗いざらい話しました。それでスッキリするはずもないのに話し続けました。そして、うつ病の薬を処方してもらって飲んでいました。

それからは多少、落ち着いたアスペ子でしたが、今あの時のことはあまり覚えていません。先生の顔も、どんな病院だったのかも、どんな薬を飲んでいたのかも覚えていません。

(新居時代〜その2〜へ続く)

スポンサーリンク

発達障害と結婚

Posted by アスペ子