うつ病について考えてみる・2

以前、「うつ病について考えてみる」で、うつ病について簡単に概略を書きましたが、その後もアスペ子自身もなるうつ病が気になり、いろいろ調べてみました。

今回は「うつ病について考えてみる・2」として、もう少しアスペ子なりに書いていこうと思います。「うつ病について考えてみる」とかぶる部分があると思いますが、ご了承ください。

 

うつ病について考えてみる

仕事や家庭、人間社会において複雑化している現代では、誰もが多くのストレスを抱えています。落ち込んだり、傷ついたり、不安になったり、悲しんだり、虚しい気分になるのは誰にでもあることです。

しかし、ほとんどの場合、時間の経過と共に「また元気に頑張ろう」と思えるようになり、毎日の生活が続いていきます。

ところが、時にいつまでも気分が沈んだままになり、回復せず、様々な体の不調まで出てきてしまい、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

このような、心が疲れきってしまった状態が「うつ病」です。

ただ、体の病気とは異なり、うつ病は判別する物差しがなく「怠けているだけなのでは」「気持ちが弱いのでは」「周囲に甘えているから」などと誤った認識にとらわれがちです。

しかし、WHOが20歳以上の日本人を対象に行った調査によると、約13人に1人が生涯のうちにうつ病を経験するという結果が出ています。

うつ病は特別な病気ではなく、友人や会社など、周りの誰かが密かにうつ病で苦しむ人がいても不思議ではない病気です。

ただし、日本ではうつ病の人が医師に診てもらう受診率はまだまだ高くはありません。

うつ病のサインが出ていても、ちょっとした体の不調と思ってしまったり、仕事や家事をこなせていると、うつ病を疑うことなく見逃してしまっている可能性があります。また「うつ病のことを周囲に知られたくない」と治療を受けない場合もあります。

心の症状

何をしても楽しくない、どうでもいいや

物事に対して興味や関心が薄れ、やる気がなくなる。仕事への意欲が低下したり、興味を持っていたことにこれまでと同じように打ち込めなくなる。

気分が沈む、虚しい

「憂鬱だ」「寂しい」「悲しい」「何の希望もない」と悩むようになる。笑顔が消え、深く落ち込み、時には強い不安感を持ちます。朝方が最もひどく、夕方になると幾分良くなる(日内変動)のも特徴。

何が何だかわからない

思考力、判断力、決断力の低下。仕事や生活上のことでなかなか決断できなかったり、テレビを見ていても話の筋を追うことができず内容が理解できなくなる。

みんな自分が悪い

過去の出来事にいつまでもくよくよしたり、はっきりと理由もなく「自分はダメな人間だ」「能力がない」「申し訳ない」と過剰な罪悪感を抱く。

死にたい

うつ病の最悪の結果は、自殺である。気持ちが沈み込んで辛くてたまらないために、「死」にまで思いが及んでしまう。

 

体の症状

眠れない、朝早く目が覚めてしまう

うつ病でよく見られるのが睡眠障害で、寝つきが悪い場合もあれば、深夜あるいは早朝に目が覚めてしまい、そのまま眠りに就けなくなる場合もある。

食べたくない、食欲低下

食欲がなくなり、何を食べても美味しいと思えず「砂を噛んでいる」ように感じることさえある。このため急激に体重が減少する。また逆に食欲が増進し、体重が増えることもある。

だるい、何もやりたくない、疲労、倦怠感

ほとんど体を動かしていないのに、ひどく疲れたり、体が重く感じたりする。服を着るといった日常の何気ない作業や動作も、なかなかこなせなくなる。

理由がわからず体の調子が変、痛み、しびれ、コリ

頭痛、腰痛、腹痛、肩こり、背中の痛みなどといった症状が現れる。うつ病が原因の痛みに対しては、市販の鎮痛剤の効果はほとんどない。その他に下痢、便秘、胃のむかつき、めまい、しびれなど様々な体の症状が起こることがある。

 

うつ病とは脳の病気です

うつ病は、脳内の神経伝達物質(セロトニン(興奮や不快感を鎮める)、ドーパミン(何らかの行動を引き起こす時に発生する)、ノルアドレナリン(神経を興奮させる。不安や恐怖、覚醒、集中力、記憶などに関わる))の減少によって引き起こされると言われています。

具体的には、私たちの脳の中では約1000億個あるといわれている神経細胞が、複雑なネットワークを作って情報をやり取りをしています。

この情報伝達を仲介するのが神経伝達物質で、それを受け止める受容体と結合し(凸凹みたいな感じです)、情報を伝達します。絶えず行われるこのやりとりから、感情や思考の活動がスムーズに行われます。

しかし、何らかの理由で神経伝達物質の行き来する量が減ると、思考や感情が鈍くなり、これがうつ病の引き金になるというのが現在の標準な考え方です。

つまり、うつ病とは脳のエネルギーが枯れてしまうという機能的な病気なのです。(うつ病の原因は人間の感情や思考をつかさどる前頭葉で特に起こっているとされています)

(その3へ続く)

スポンサーリンク

うつ病

Posted by アスペ子