一進一退、アスペ子の二次障害

アスペルガー症候群の二次障害はなかなかすぐには治りません。すぐ良い方向に行く人もいれば、アスペ子に限らず何年もかかってしまう人もいます。その間は処方された薬をずっと飲まないと正常には生きていけません。

アスペ子は薬を飲むことに関しては抵抗はないのですが「薬を飲み続ける」という言葉に対して悲壮感が出てしまいます。

次障害の薬を飲んでいるのにもかかわらず、薬が二次障害をもっと深くさせているというか、薬を飲むことによって二次障害にダメにされているというか、そんな気持ちになる時があります。

 

ネガティブな気持ちがさらに輪をかけている・・・

そのような気持ちになる時は、決まってネガティブな時です。そして泣きそうになる時です。具体的には楽しみにしていた予定が変わる時が一番多いです。

10月から週2〜3日の留守番が始まり、まだ月日も経っていなく、慣れていないアスペ子は、ちょっとしたことに過敏になっているのかもしれません。

一人で部屋にいて、ふとグルリと部屋の中を見回すと、飼っている魚たちがいて静かな時間が流れています。外も静かで天気も良いです。2階の住人はまだ住んでいないので、本当に静寂な安心な空間です。

でも、それでいいのでしょうか?アスペ子はこのままここでジッとしていて良いのでしょうか?

同じアスペルガー症候群の人でも社会に出て働いている人もいれば、公的な場に参加している人もいれば、民間の例えばデイケアのようなものに参加している人もいます。

そのような人たちに比べて、アスペ子は家にいて、家のことをする以外は自由な時間です。悪い言葉で言えば糞尿製造機です。食べて、寝ての繰り返し。

今、とてもネガティブ・・・自暴自棄になっているのは自分自身よくわかっています。ただ、いつも、毎日、前向きな気持ちでいられないアスペ子なだけです。

こうして生きていられることに感謝しています。

その気持ちをもっと違う形で表現したいのだと思います。

インターネットでポイントを貯めてポイント交換しても限りがあります。もっと何か違うことがあるのではないかと、想像力のない頭で考えてみますが、やはり何も思いつきません。そうなると、もうストレスが溜まってきて、気持ちが低下して、うつ状態に突入です。

 

誰かに依存したくなる時がネガティブなのかもしれない?

以前にも書きましたが、主人が福祉センターの女性に「ご主人も大変でしょ?デイサービスもあるのでご利用ください」と言われました。

その話を主人から聞いた時のアスペ子は「まだちょっと無理だよ。同じ障害者でも集団の中に入るのはまだ無理かな」と答えました。その気持ちは今でもあまり変わりがありません。

ただ、今日のような気持ちになった時に、他の誰かがいたならば、同じ思いをしている人が集まっているのならば、いずれは利用してみようかなと思う気持ちが出てきます。

利用するには相当の気持ちがないとできそうもないアスペ子ですが、一つの経験・自立として捉えれば、アスペ子にとっては良いことだと思いました。

じゃあ今実行してみれば良いのでは? という思いもありますが、いまひとつ足が前に進まないのは、新しい生活スタイルの10月がまだ終わっていないということや、今年一年は我慢の年だからということがあるので、新しいことを始めるのは来年以降にしようと決めています。一人でやってみたいこともいくつかあるのですが、それも来年以降に始めようと思っています。

うつ状態で何かしようというのはとても困難です。

テンションが下がった状態で美味しいご飯が作れるかといったら作れないし、楽しいことを考えようと思っても考えられないし、現実から離れ、結局は空想の世界に入り込んでしまうだけになってしまいます。

昨日は久しぶりに主人と少し遠くのスーパーに行ってポジティブなアスペ子でした。楽しくて自然と歩くスピードが速くなるほどでした。

今日は昨日と真逆でネガティブなアスペ子です。椅子から立ち上がるのも億劫です。昨日は飲まなかった頓服も、今日は頭痛もあるので飲まないといけない状態です。

どうしてこうも二次障害が一進一退の状態になってしまうのでしょうか。あまりにもこのような状態が続くと、アスペ子自身も疲れてしまいます。

何か良い案はないものか・・・

頓服を飲んで寝るのが最良なのか・・・

何でこんな症候群を持って生まれてしまったのか・・・

その他の障害と悩み

Posted by アスペ子