アスペルガー症候群の二次障害と対人恐怖症

アスペルガー症候群の二次障害に、対人恐怖症があります。

対人恐怖症とは、対人場面で不当な不安や緊張が生じて、嫌がられるとか、不快感を与えるのではと考え、対人関係から身を引こうとする神経症の一種であるとされています。

対人恐怖症は神経症のもっとも代表的な症状になります。 あがり症や対人恐怖、SAD(社会不安障害)、人間恐怖と呼ばれる症状と基本的には同じものだと考えて良いでしょう。

 

対人恐怖症とは?

対人恐怖症は、あがり症とも呼ばれます。

例えば、他人の前での失敗経験などをきっかけに、人前で症状が出ることを極度に恐れ、他者の目の前で極度の緊張にさいなまれます。

思春期にはよく見られ、軽いものは自然に治ってしまう一方で、社会生活に支障をきたすほど不安が高まってしまう場合、神経症として治療が必要になります。

軽度のものをあがり症や舞台恐怖と呼び、ひきこもりを伴うなど社会的生活に支障をきたすほど重度のものを「対人恐怖症」と呼ぶ傾向がありますが、厳密に区別する定義はなく、その根本は同じと考えられています。

 

原因

以下の性質を持った人がなりやすいと言われています。

  • 神経質
  • 感受性が高い
  • くよくよしやすい
  • 自意識が強い
  • 気を遣いやすい
  • 慎重
  • 内気
  • 怖がり
  • 真面目(生真面目)
  • 完璧主義
  • 頑固
  • 子どもの頃から人見知りが激しい

症状が表面化するキッカケとしては、親の非社交性、本人の中で心の傷になってしまうような対人関係での失敗、家庭環境、いじめといった出来事、就職、結婚、出産などによる環境の変化などが挙げられます。

症状が表面化すると「相手がどう考えているか、どう思うか」といった相手中心の考え方や症状へのこだわりを強めてしまい、不安や恐怖感が増幅されやすい思考回路ができあがるので対人恐怖症が維持されやすくなってしまうのです。

 

症状の具体例

赤面症(赤面恐怖症)

会社の上司や同年代の異性など、苦手な相手と仕事などで接する時に顔が赤くなってしまう

視線恐怖症

バイト先などで周りの人の視線が気になり、ぎこちなくなったり、仕事に集中出来なくなる

劣等感

仕事や勉強自体は自信があるが、内向的な性格のことや人付き合いが苦手なことで劣等感を感じる

予期恐怖

会議や朝礼などで発表しなければならない時に、また緊張してしまったらどうしようと不安や恐怖を感じ憂鬱になってしまう

対人不安

会社の上司や異性の同僚と接する時に変に思われるのではと不安になってしまう

対人緊張

自信家タイプの苦手な同僚と仕事をする時などに緊張し疲れてしまう

書痙

仕事で重要な書類を書く時や、結婚式や葬式などの記帳の時に手が震えてしまう

震え恐怖

朝礼の司会や発表会の当事者になった時などに足や手が震えてしまう

笑顔恐怖症(表情恐怖症)

人前で笑う時に顔が引きつったり、ゆがんでしまうために変に思われるように感じる

表情恐怖

自分の表情が不自然で暗く周りの人から嫌われているように感じる

醜形恐怖症

自分の容姿が醜く他人からブスとか可愛くないと思われているように感じ辛い

多汗症(発汗恐怖)

仕事でお客様と話す時などに汗が異常に出てしまうために変に思われるように感じる

正視恐怖症

学校の先生や仕事の上司、異性の同僚などと面と向かって話す時に目のやり場に困ってしまう

 吃音恐怖

仕事やプライベートの電話で話す時などに最初の言葉が出ず、言葉が詰まってしまう

雑談恐怖症

バイト先や学校の休憩時間などで、みんなが話している時に話の輪に入れない

おなら恐怖

職場や教室、乗り物に乗っている時などに、おならが漏れてしまい、周りの人から嫌がられているように感じる

唾液恐怖症

仕事中や授業中など周りが静かな時に唾を飲み込む音が他の人に聞こえ嫌がられてしまう

その他に考え込みすぎて夜中に何度も目を覚ましてしまう、集中しすぎて全く耳に入ってこないなどの症状

 

治療方法

治そうと意識すればするほど、症状が悪化してしまうという悪循環に苦しめられることになりがちです。

症状自体も恥ずかしいものであったり、「症状によって周囲の人に迷惑を掛けているのではないか」という罪悪感、思い込みから周囲の人に悩みを打ち明けられない人が多数います。

しかし症状の克服にはその症状を受け止めてしまうこと、開き直ってしまうことが効果的であるため、治療は精神療法では認知行動療法が中心になります。

良い自分も悪い自分も受け入れる、自分の良いところを探す、目標を持ち達成する、弱い自分を認める、楽しいことをする、自分をほめてあげる、自分にやさしくする、自分を慰める、人からほめられることをする、他人からかけがえのない存在と思われる、自分自身をしること、努力家を好きになること。

もしもうまく話せなかったとしても、それは調子が悪かっただけと前向きに考えるように心がけ、人と話をする前からうまく話すことができないと決めつけてしまわないことが重要です。

自分の考えをよく理解し、マイナスな考えであると理解した部分は、少しずつプラス思考に変えていくことができるように努力することが大切です。

 

アスペ子の場合は?

アスペ子も対人恐怖症はあります。やはり社会人になってから現れた症状です。

震えが止まらなかったり、赤面したり、とにかく不安ばかりでした。自分ではあがり症とは思っていませんでしたが、心と体は正直に症状を出していたのです。

前向きに、そしてアスペ子自身で克服していくことが、次へのステップへ行くためには大切なんだなと思いました。

スポンサーリンク

その他の障害と悩み

Posted by アスペ子