アスペルガー症候群の二次障害と引きこもり

アスペルガー症候群の二次障害に、ひきこもりがあります。

ひきこもりという現象は、義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家の外での仲間との交遊などの社会参加を避けて、一応6カ月をめどに、それ以上にわたっておおむね家庭にとどまり続けている状態です。

「おおむね家庭にとどまり続ける」という状態には、他者とは交わらない形で外出はできる、例えば人目を避けながら本屋へ行く、深夜にコンビニエンスストアに行くといった場合も含んでいます。

 

引きこもりとは?

ひきこもりの始まる年齢は子どもから大人まで様々ですが、小学校以後の児童・生徒のひきこもりは「不登校」と呼ばれることになります。不登校の子どものすべてではないにしても、その多くが青年期およびそれ以降のひきこもりと同じ状態と考えられます。

ひきこもりは原則として、統合失調症の幻覚や妄想をはじめとする症状(陽性症状)、あるいは意欲の減退や感情のみずみずしさを失っていくといった症状(陰性症状)などによって生じているひきこもり状態とは異なる、非精神病性の現象と定義しています。

しかし実際には、ひきこもりとされる人の中にそれと診断されてはいない統合失調症の人が少なからず存在しているのが現状です。

 

ひきこもりの原因

ひきこもりに一言でいえるような原因はありません。

人は常に環境と自分の心との相互作用の中に存在しており、環境からのストレスと、それに対処しようとする心の力とのバランスがとれていれば健康な心の状態が維持され、そのバランスが崩れれば不健康な心の状態に陥る危険が高まるということです。

このバランスの崩れはすぐに不健康な心を招くわけではありませんが、バランスが崩れた状態が長く続けば、だんだんと不安や緊張が高まったり、精神的な疲労がたまっていったりします。

それが一定の水準を超えれば、社会不安障害やパニック障害、あるいはうつ病性障害と呼ばれる心の病気にかかります。大半のひきこもりはなんらかの心の病気を背景として、社会活動の場にとどまることができなくなった状態と言えるでしょう。

例えば、学校や会社などでの活動量や内容が過剰にきついものであったり、そこでの人間関係がいじめのように過酷なものであったりすると、ストレスの量は爆発的に増大することになります。

一方、例えば幼い頃から内気で引っ込み思案であったり、保護者に依存し過ぎて、自分でストレスや現実の問題を解決する経験が過度に少なかったり、あるいはプライドが傷つくことに敏感すぎて、失敗や恥を恐れ過ぎたりすると、ストレスを処理する心の力はどうしても減少します。

ストレス量とそれを処理する心の力のバランスが崩れるとひきこもりが生じやすくなります。

 

精神医学面

ひきこもりと関連の深い精神障害の主なものとしては、広汎性発達障害、強迫性障害を含む不安障害、身体表現性障害、適応障害、パーソナリティ障害、統合失調症などをあげることができます。

厚生労働省の調査研究班が、ひきこもり支援にあたる専門機関の職員などに向けた「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」をとりまとめ、 全国5か所の精神保健福祉センターにおいて、ひきこもりの相談に訪れた当事者184人(16歳~35歳)を対象に精神科診断を行なった 調査結果によると、何らかの精神障害を有していると診断されたのは149人。分類不可とされた1名を除き、

  • 統合失調症などを有し、薬物療法を必要とする群(49人)
  • 広汎性発達障害など、生活・就労支援が必要となる群(48人)
  • パーソナリティ障害など、心理療法的支援が必要となる群(51人)

上記の3つに分類されたそうです。

 

ひきこもりの時期

ひきこもりは、必ずしも学齢期にある者が起こすとは限らず、いったん社会人として自立した者が起こすこともあります。また、学齢期にひきこもりを起こした者が、立ち直るきっかけを見出せないまま中年期に達することもあります。

 

ひきこもりの高齢化と長期化

従来 ひきこもりは若者の問題であると考えられており、不登校問題と同一視されてきた経緯から、支援対象者は10代から20代を想定した場合がほとんどでした。

しかし近年ではひきこもりの長期化や、社会に出た後にひきこもりになってしまうケースなどにより、30代、40代の年齢層が増大しています。

ひきこもりの平均年齢は30歳を越え、40代も2割近いという調査結果もあります。この年齢層では支援の方法も限られてしまい、支援団体でも支援対象者に年齢制限をもうけている場合があり、親も老年期に入っているなどの理由から、行き詰まってしまう場合が多いそうです。

 

アスペ子の場合は?

アスペ子は、アスペルガー症候群の二次障害としてひきこもりになりました。

家の外に出ることができず、買い物にも行けませんでした。恐怖や不安、アスペ子に襲いかかってくる何かがあると思い込んでいたのです。

今まで不登校になったことはありませんでしたが、社会人になってからは「行きたくない」と思うことがずっとストレスでした。

厄介なのは、一度休んで(ひきこもって)しまうと、ズルズルとしてしまい、最終的には社会に出られなくなってしまいました。

今はスーパーに行ったりできますが、それ以外は家にいますので、ひきこもりとも言えます。でもアスペ子自身はそうは思っていないので、やはりアスペルガー症候群の二次障害が強く出ているのだなと痛感しました。

スポンサーリンク

その他の障害と悩み

Posted by アスペ子