アダルトチルドレンはそうそうなくならない

涼しくて過ごしやすい日が続いたと思ったら、ムシムシして私はもうヘトヘトです・・・

私は夏の暑さと冬の寒さにめっぽう弱いので、夏はエアコンに頼りがちになってしまいます。これから今年の8月はどんな夏になるのでしょうか?

 

角砂糖ガリガリはどうした?

さすがにこの「年中無休の角砂糖ガリガリ食い」はしなくなりました。

しかし、角砂糖を見ると・・・まだ心がウズウズっとする時があります。上白糖の方も食べなくなり、料理に使用するくらいになりましたが、砂糖を見るとやはり心のウズウズはあります。

これは料理にしようするのだからと思っていてもウズウズがあるのは変な気持ちです。自分の気持ちが「2つ同時に湧き出てくる」のですから。

それでも、主人との約束なので「砂糖のガリガリ食い」は約束をした日から一切していません。その代わり、ブラックコーヒーだった私がカフェオレを飲んだり、タバコを吸うよりも食べる方に気を取られたり・・・といったような変化が出てしまいました。

これが良いのか悪いのか・・・どちらなのでしょうか? 少なくともタバコに関して言えば良いことなのでしょうね。

 

こだわりが捨てられないことが苦しい

最近、主人との会話で、主人が

「『過去のこだわり=食育=食べさせてもらえなかった』という考えはもうやめようよ」

と言ってきました。

私はことあるごとに「昔、食べさせてもらえなかったから」とか「昔これが食べたかった」とか常に、幼少期を基準にして食べ物に関して考えていました。

例えば唐揚げに関して言えば、私の唐揚げは「ささみ」もしくは「鶏むね肉」で揚げたもので、いつもパサパサしていました。水泳の友人の唐揚げは「鶏もも肉」であげたジューシーで香りの良いものでした。

友人が「食べる?」と言ってきてくれたので遠慮なくいただいたのですが、私はもうカルチャーショックで、この世の中にこんなに美味しい唐揚げがあるなんて知らなかった!!と思いました。

それ以来、つい最近まで唐揚げが大好物で、どんなにまずかろうと唐揚げが大好きでした。(さいきんは歳と共に揚げ物がきつくなってきてます・・・)

今回は「唐揚げ」を例にしましたが、私の場合は何に関しても、物に関しても思考に関しても、全てにおいて「幼少期はこうだった」という「こだわり=アダルトチルドレン」の思考から向け出ることができていません。

いつも主人に言われます、「もっと、柔軟な考えを持たないといけないよ。今は今なんだから」と。

確かにその通りだと思いました。

今の世の中の動きは早く、私のこの頭ではついていくことさえできません。せいぜい近所のスーパーで買い物をするくらいしかできません。ちょっと大きなスーパーに行くと、その日の夜は2回目のトイレで目が覚めてしまい、もう眠れなくなってしまいます。

つまり、私の頭の中や身体にある程度(どのくらいかは私でも未知数ですが)の刺激が加わると、それがストレスとなってしまったり、高揚感になってしまったりして、生活に支障が出てくるようです。

今のところは「睡眠障害」です。

対処法は前回、心療内科の先生が処方してくれた薬で治して行くことがベストなのでしょうが、それでも昨夜はどうしても効かないので、以前もらった「レボトミン錠 5mg 」の半分とセニラン錠 4mg を飲んで強制的に眠りました。

起床はまずまず快適で、眠気もなく、日中も穏やかに過ごすことができたように思いますが、「レボトミン錠」を使用するとなると、主人が私を要観察しないといけないので、もう数日様子を見て、悪い変化があるようなら心療内科に行こうと思っています。

「睡眠障害」も、何かその日にあった私の心の問題だと思うので、こだわりを無くさない限りは快眠にはならないのかもしれません。

こだわりをなくすことは私にとっては難しいことです。つまりは、例えて言うならば「素っ裸になる」ような感覚だからです。

その方が気持ちもよく、楽で、楽しくて、なんでもできてしまうのであろうと思いますが・・・なかなか・・・わかりやすく言うと「自分の殻を破る」と言う言葉でも表現できるでしょう。

健常者の方でも、もし仮に自分の殻を破ると言うことがあったらどうですか?

 

目標をしっかりと持って忘れない!

私はものすごく忘れっぽいです。今の我が家の目標はしっかりと胸に刻んでありますが、ちょっとした約束事になると・・・すぐに忘れてしまいます。幼少期にもあったと思います。

この「忘れっぽい」ことを治すにはメモ書きが有効ですが、私はそれすらしません。さすがに買い物の時はメモ書きはしますが、主人との会話の中で大切な言葉が出てきてもメモ書きをしません。

主人曰く「アスペ子は頑固者だからな」とのことですが、多分、そうだと思います。

我が家はカレンダーがメモ書きがわりなので、カレンダーにメモ書きをして忘れないようにしています。日にちや曜日の確認も、主人に聞くのではなく、カレンダーで確認するようにするだけで自主性も出てくると思います。

ちなみに、先日、郵便局で今年が「平成何年だか忘れた・・・!」と焦ったことがありました。私は平成27年だと思っていたのです。慌てて7を9に直しました・・・

脳の活性化は、日常の生活の中でもいくらでもできると思います。考えることを常に頭に入れて行動していくことが大切ですね。

スポンサーリンク

アダルトチルドレン

Posted by アスペ子