2019年9月の通院日

残暑が厳しく、今月も公共機関を利用しての通院でした。

昨年はどんなに暑くても自転車で通院していたのですが、やはり1年経つと年老いてきたかな・・と痛感してしまいます。

何事もなく診察

今月も特に変わったこともなく、先月と同様の診察でした。先生も経過観察でいくようです。

うつ病は体の調子が「良い時と悪い時の波」がありますが、最近はその波も穏やかになりつつあります。

昨年の自分の状態を考えると今の自分が嘘のように安定しています。

これも、主人の支え、心療内科の先生の診察、処方薬のおかげです。

本当に感謝です。

 

心配なこともある

自分の状態が良くなってくると、自然と周りのことに目を向ける余裕もできます。

今の私の心配事は主人のうつ病です。

主人がうつ病になってしまった原因は私です。

なんとか私が主人の支えになろうと思うのですが、うつ病を治すことの大変さは私自身もよくわかっていますので、私が主人にあれこれ言っても効果がありません。

それでもなんとか主人の気持ちが上向いてくれたらと・・家事やマッサージくらいしか出来ませんが、主人にリラックスしてもらえたらと思っています。

 

これから先

慌てないことが大切ですよね。

時間はまだあります。

主人のこと、自分のこと。ゆっくりと焦らずに前に進んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク

備忘録, 通院記録

Posted by アスペ子