2019年7月の通院日

生活習慣に気をつけようとしてきた6月は、私が思っていた以上にできたようです。

まだ試行錯誤の毎日ですが「私には何が必要なのか」がなんとなくわかってきました。

気持ちよく通院できた

うつ病を治すために通院してきた心療内科でしたが、今までの私は「薬を飲んで家で静かにしていれば治る」と単純に考えていました。

しかし私個人の考えですが、うつ病はそう簡単に治るものではありません。

私の場合は「自分がうつ病であることを認め治すことを意識する」「なんのためにうつ病を治そうとしているのか」「自分にとって必要であるものを取り入れ、必要のないものには目や耳を傾けない」よう訓練しています。

これらのことが少しずつわかってきた今、通院がちょっと面倒だと思っていた気持ちが「あの好きな道を通ることができる」と変換できるようになり、通院も苦にならなくなりました。

 

経過観察

診察では6月の生活の仕方を先生に話し、随分と落ち着いた日々を送ることができるようになったと話しました。

ということで、私は経過観察です。

ただ心配なのは、主人の疲労回復が遅く、睡眠もうまく撮れていないことです。

先生は主人にも経過観察と言いました。薬剤師さんも波があるから慌てずにと言いました。

 

私の見解は「主人は主人のペースがあって、そのペースを取り戻すことで回復できる」です。

主人こそ「マイペース」「備えあれば憂いなし」という言葉が当てはまる人はいないと思います。

自分のことをよく知り、周囲のことをよく見、いろいろな考えを多方面から考える人です。

今の私が主人にできることは、家事をして主人が休める空間を作ることです。

あまり深く干渉することは絶対にしてはいけないと自分に釘を刺しています。

 

今月の目標

良い状態の自分でいることは、最低1年。まだまだこれから先があります。

今月7月は、6月に学んだことを維持し、少しでも進歩できるようにします。

注意点は夏の暑さ。これは私にとって超弱点。

それこそ「備えあれば憂いなし」です。

今月ものんびりと慌てず頑張ります。

 

スポンサーリンク

備忘録, 通院記録

Posted by アスペ子