2019年3月の通院日

3月に入り暖かい日が多くなるかと思いましたが、まだまだ私には寒く感じる日が続いています。

考えてみたらまだ3月も中旬。

もうすぐ桜が咲区季節になります。

診察内容など

今年に入ってから主人の助言で心療内科に通院する以外は、全く外出をしていません。

その甲斐あって、私は刺激を受けることがなくなり、少しずつ頭も体も回転してきています。

ただ、主人が私から受けたストレスは相当なもので、体調を崩したままです。

夫婦揃って心療内科で受診し、処方薬を飲み続けている毎日です。

 

今回の心療内科の受診では、2月の受信日よりもだいぶ調子が良くなってきたことを話しました。

先生はまた「診察時間が短くてすみませんね」と言ってくださいましたが、今の私は過去に先生がたくさんの助言(診察)をしてきてくれたことを理解できるので、かえって「先生、そんなことはありません」という気持ちでいっぱいになりました。

 

今の私

今は、1月、2月同様に外出は控えています。

ただ一つ違っているのは、仮眠を取る時間が少なくなったということです。

これは1月と2月に十分休養できたということ、処方薬が効いているということが関係していると思います。

 

また主人に「何か頭を使うことも必要だね」とアドバイスを受け、たまたま体調の良い時にインターネットの無料動画配信で映画を観るようになりました。

今までは体調が悪くて、視覚、聴覚を刺激することが苦痛だったのですが、もともと映画鑑賞は好きな方だったので「ちょっと観てみようかな」という軽い感覚で観始めました。

これが私にはとても良い効果がありました。

映画を観ることが楽しくて、どんどん引き込まれ、仮眠をすることなく、毎日観ていました。

 

そんな時、主人が「もう少ししたら、アスペ子にお小遣い制を始めようと思う」と言ってくれました。

そこで私は「有意義なことにお金を使いたい」という気持ちになり、「お小遣いを使って有料動画サイトに加入しよう」ということでした。

主人にこのことを話したところ「とても良いことだ」と賛成してくれ、費用は主人が出してくれました。とても感謝です。

 

それ以降、主人のアドバイスで「アスペ子に合った作品」を視聴しています。

私はアスペルガー症候群、うつ病、アダルトチルドレンなので、簡単に言うと「楽しくてハッピーエンドで終わる作品」をピックアップしています。

 

最近は「アスペ子に合った作品」を作品を観ることによって、私にかけているものが少しずつ育ってきているように感じます。

これは主人も感じているようで、とても喜んでくれています。

 

これからの私

有料動画サイトに登録する時に主人が「映画鑑賞も立派な趣味だよ」と言ってくれました。

今まで無趣味だった私でしたので、主人が言ってくれた言葉がとても嬉しかったです。

何事にも興味を持つこと。

深く興味を持つことも、浅く広く興味を持つことも、どちらでも同じ。

 

これから先の自分のために、そして主人や家族たちとともに暮らすことができるようになるために、いまは今できることを慌てず、焦らず、間を置きながらゆっくりと進んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク

備忘録, 通院記録

Posted by アスペ子