アスペルガー症候群の自分について

このたびの北海道地方を震源とする地震により被災された皆様、ならびにご家族、ご関係者の皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

被災地におかれましては、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

思うこと・1

自分の未熟さが浮き彫りになっている。

一進一退。

自分がアスペルガー症候群とわかった。

でも「うつ病」という「自分は病気なんだ」とまだ認識が足りない。

 

思うこと・2

相手を思いやることは、私にとって「自己満足」で終わってしまっている。

本当の思いやりがわかっていない。

「相手の状況把握」が大切だと知った。

でも私にはその相手に対してかける言葉が足りないし、思いつかない。

 

思うこと・3

妄想癖が増えてきている。

自分の首を自分で締めている。

楽しいことを考えよう。

楽しいことはいくらでもあるということを知ることが必要。

 

思うこと・4

自分にとって、今何が大切なのかを見極められない。

わかってはいるのにできない。

体が言うことをきかないで突っ走ってしまう。

深呼吸をしようと思っても、とっさに起きたことに対しては対処ができない。

経験値不足が浮き彫りだ。

 

思うこと・5

健常者になりたい。

これが私の本音なのかもしれない。

でも私はアスペルガー症候群。うつ病。二次障害がたくさん。

今はこれらとうまく付き合うことがベスト。

 

思うこと・6

目標に向かって生きていると言うことを忘れてはいけない。

何があっても我が家は我が家。自分は自分。

しっかりと地に足をつけて生きていく。

未熟な私だからこそ、やることがたくさんあって楽しい!

 

スポンサーリンク