うつ病になって〜私の場合〜

寒いくらいの日があったと思ったら、急に残暑の攻撃。

私はせっかちなので、すでにクローゼットの中は衣替え済みです。

なんだかなぁ・・・

また夏の洋服を着ている毎日です。

うつ病になった当初を振り返る

私はアスペルガー症候群の二次障害で「うつ病」になりました。

今、うつ病になった当初のことを思い出してみると、それはもうなんとも言えない最悪な状態でした。

何がどう最悪かというと、一言では言いあらわせられません。

私の場合は強いていうならば・・・

放心状態と感情の急激な上下の乱れ

になっていたように思います。

ベッドに横になったまま、寝ているような寝ていないような状態で、体に力が入らなかったり、急に泣いたりしていました。

当時は主人も「カサンドラ症候群」の真っ只中でしたが、それでも家庭崩壊を回避するために、私の介護と市役所・保険センター、心療内科の選定など・・家庭内のことから何から何まで本当に良くしてくれました。

 

うつ病になって感じたこと

話は私がパートで働いていた頃にさかのぼります。

パートで運動クラブの指導員をしていた時の私は、自分がアスペルガー症候群と知らなかったですし、アスペルガー症候群の二次障害も我慢していてストレスが溜まっていた状態でした。

 

ある時、上司にあたる男性の方から「娘が「うつ」になった。拒食と過食を繰り返している」と聞きました。

それを聞いた私は性格も災いして、なんのためらいもなく「「うつ」になったのは、親のせいでは?娘さん自信が甘いからでは?」と迷わず思いました。

今では「うつ病」の辛さや苦しさがわかりますが、当時の私は「うつ病」に対しての認識不足でしたので、自分の感情しか出ませんでした。

 

自分が「うつ病」になって「うつ病」の辛さや苦しさ(生きづらさ)がやっとわかり、パート時代に出た上記の感情を猛省しました。

私の場合「自分で経験してみないとわからない」という傾向が強く、特に聞いてもよく理解できないという欠点があります。

これは単純に頭が悪いのもありますし、アスペルガー症候群からくるものもありますし、幼少期からの療育の経験値が極端に低いことがあげられます。

 

ここで私が痛感したことは「うつ病になった人に大切なことは、もちろん心療内科や処方薬が必要になるだろうけれど、理解してくれる人が一人でもいることだ」ということです。

 

ネットでいろいろな記事を読んだり、私自身の経験からも「うつ病になった時に自分を理解してくれる人がいてくれる」と思えるだけで、うつ病になった自分が心身共に楽になっていくのです。

このことは、上記に書いた上司の娘さんにも言えることでした。娘さんは実家に帰らず、同性の友人と生活を共にしているそうです。娘さんの場合は精神の安定が友人だったのでしょう。

 

一人で悩まない勇気

「うつ病」になると動くことさえも苦痛です。

ましてや一人で病院に行くなどできることもできません。

私自身も主人がいてくれなかったら、心療内科に行くことができませんでした。

 

では、一人で「うつ病」に苦しんでいる方々はどうすればよいのでしょうか?

 

この問題は、私の頭で考えるにはものすごく難しいことです。

妙案があればこの世の中から「うつ病」の人が減少するくらいのことでしょう。

 

昭和生まれの私からみると「時代が変化した=日本が変わってしまった」ことが「うつ病」の、もっと広く言うと発達障害の多さの背景にあるように思います。

私の実家は県庁所在地でしたが、私がまだ小学生〜中学生の頃は、家の前が舗装されていなかったり、河川の護岸工事もされていなかったり、春になると田んぼの畔に生えているセリを摘んだり・・・と、とてものどかで自然豊かでした。

小学生の頃は学校に養護クラスもありましたが、私のクラス(普通学級)に小児麻痺の同級生もいました。

この同級生は男の子で会話が可能でしたが、力をかけないと声を出すことができず、常に絞り出すような声でヨダレを垂らしながらの会話でした。

だからと言って同じクラスの子達は特になんとも思わず、普通に「〇〇君」と言って接する毎日だったのです。

 

今の時代ではどうでしょうか?

学校に限らず会社など、日本の社会は世知辛い世の中になったな私は感じています。

これも時代が変わったからなのか、日本人が変わったからなのか・・・

 

「うつ病」になって苦しんでいる方々に、古き良き日本ではない今の世知辛い世の中で一人で頑張れと言うことは厳しすぎます。

今の時点で私が思うことは「ちょっとでも頭や心が動く時があったら、心療内科に行ってください」です。

 

24時間、苦しんでいる中でも、頭や心が数秒でも動く時を見逃さないでください。

 

太陽があります。夜は明けます。

 

スポンサーリンク

備忘録, 日記帳, 二次障害, うつ病

Posted by アスペ子