アスペルガー症候群とカサンドラ症候群・2

前回の続きになります。

加害者の私が言うのは罪だと思いますが、カサンドラ症候群はとても深刻な問題だと感じました。

アスペルガー症候群のモード

私はこの記事を読んで「なるほど!そう言うことか!」と納得しました。

この中にアスペルガー症候群の人には「外モード」と「内モード」っていうのがあると書かれていました。

「外モード」とは、これまでの体験で得た学びを生かして、周囲との軋轢や摩擦が和らぐようにふるまうモードです。「こうふるまえば怒られずにすむ」とか「こうふるまえば受け入れてもらえる」っていう経験が外モードとして働いています。でもそれは、本来の自分がやりたいことではないため、無理している状態なのでとてもストレスがたまる。

「内モード」では、全部それをオフにして本来の自分、アスペルガー症候群を隠さない自分に切り替える。

自分が育ってきた家庭の中では「内モード」で過ごし、学校とか会社とかでは「外モード」を使い分けるわけですね。

恋人っていうのは、外の人ですから「外モード」で頑張るわけです。好かれたいから余計です。

結婚すると「もう内モードでいいんだ」っていう風に急に変わっちゃうんですね。

まさに私そのものです。

友人たちと遊びに行くたびに、よく「アスペ子さんたちのような仲の良い夫婦になりたい」と言われました。

でも家庭内では夫婦間はグダグダ・・・

 

自分では気づいていませんでしたが、筆者が言っているように私は自分なりに「外モード」と「内モード」を使っていたのです。

さらに私には妄想癖があったので「家庭とはこういうもの」みたいな考えがあり、これは筆者も言っているように「自分が育ってきた家庭のお父さんとお母さんの姿を当てはめて、「まあお父さんはこういう風にすればいいんだろうな」とかいう感じで結婚生活をはじめる」形で主婦をしてきました。

私が育った家庭環境は劣悪でしたので、主人との家庭生活が円滑に育つわけがありません。

このことも主人がカサンドラ症候群になった大きな要因でもあります。

幸か不幸か我が家には子供がいないので、夫婦間でお互いの信頼関係を築くことが最大の問題になりました。

ですが、この時点ではまだ私がアスペルガー症候群とはわかっていなかったので、ますます主人はカサンドラ症候群という泥沼に沈んでしまったのです。

 

修復か離婚か

当時の主人は「アスペ子との結婚生活を修復して行くか、それとも離婚するか」と考えていました。

それはそうです。

私は主人から「夢と希望」を奪い、主人の「生きる目標」までも奪ってしまったからです。

 

しかし、主人はドン底の状況の時に、私が心療内科に通院させてくれたり、私に適した環境に引っ越しさせてくれたりしてくれました。

なぜ主人が私に対してそこまでしてくれたかというと、私についてネットを駆使して「調べて」くれたからです。

主人は自分まで巻き込まれたくない気持ちもあったそうですが、何よりも私の異常なまでの言動に疑問を持ったのです。

そこでネットで調べ、精神障害のチェック表がネットに掲載されていますので、それらを参考にした結果、アスペ子はどうも「うつ病がありそうだ」と思い、しかも「アスペルガー症候群の特性もありそうだ」とも思ったそうです。

そこで主人は離婚は保留にし、今に至ります。

 

私は、自分では物事の判断が曖昧にしかできません。

主人はその部分を手際良くを進めてくれます。

主人には本当に感謝しています。

なぜならば、私が主人と出会っていなければ(これは確実に言えることですが)私は誰かに殺されていたと感じるからです。

自分がアスペルガー症候群と知るまでは、そのくらい私は荒ぶれた人間でした。

 

心療内科に通って丸4年になった今は、ごくわずかですが自分を客観的に考えることができるようになりました。

過去にしてしまった悪事はもうどうにもできません。

だからこそ今、過去を猛省し、主人に恩返しをする時です。

 

今だからわかること

最近、私は「自分は精神障害者だからこそ、もっと自分の障害のこと、自分のことをきちんと理解しないといけないな」と感じています。

今までは「私はアスペルガー症候群なんだよ〜」という感じで、自分自身に甘えていました。

私の場合は、それではいけないのです。

そうでなくとも私は自分に甘い性格があるのですから、しっかりと目標を定めて進んでいくことが大切だと痛感しています。

厳しくすることや、しっかりやることはやる。休む時には休む。

日々、メリハリのある生活を繰り返すことが、今の私の訓練となっています。

 

スポンサーリンク

備忘録

Posted by アスペ子