たまには独り言〜何もできない自分〜

日本の暖かい場所から、桜の花が咲き始めてきています。

桜の花が咲くと、春だなぁとウキウキしてきます。

今年はお花見ができるかな?

ウキウキはするけれど・・・

最近は、自分の気持ちの波の変化に気づくことができるようになりました。これはとても良いことだと思います。

桜の花が咲き、ウキウキもします。

しかし、ウキウキする気持ちが、どこか空っぽな状態です。

それはなぜ?

うつ状態だからではありません。

私自身に問題があるからです。

 

問題解決の糸口が見つからない・・・

私は今、ほとんど家の中で過ごしています。

出かけると言ったら障害者地域支援センターPKに月に1回程度行くことと、心療内科に月に1回行くことと、週に1〜2回のスーパーへの買い物です。

それに不満があるわけでもないし、生活に不満があるわけではありません。

 

私が気づいたこととは、いかに自分が何もできない人間かということでした。

 

家にいても、朝の家事の時間が終わってしまえば、もうすることがないのです。

何か興味のあることを探そうと思っても何もなく、今まで趣味のようなものがなかった自分に腹立たしくなってしまいました。

 

そうなんです。自分に対して腹立たしい毎日を送っています。

 

その腹立たしさから抜け出ようと糸口を探しても何も見つからず、結局、頭痛が起きたりするので仮眠をとるようになってしまいます。

 

これは最後の試練なのか?

だんだんと自分自身のことがわかるようになってきて、この有様。

これは最後の試練なのか?試されているんだなと思いました。

 

食べて寝るだけの糞尿製造機の自分。

そんな自分からの脱却。

 

散歩でもして気分転換をしようと思ったのですが、外は雨。

 

良い意味で、もがき苦しみなさいと言われているような気がします。

 

ここが踏ん張りどころなんだよな・・・

そうはいっても生きている限りは修行なんでしょう。

今が踏ん張りどき。

もがけることができるだけ、まだ気力があるというように思えば良いのかな。

 

自分がワクワクすることを見つけようと思いながら就寝する毎日ですが、これはもう老化現象だと割り切ってしまおう!

私には割り切ることも必要なんだよな。

 

自分のことがわかるというのは、意外と辛いものですな〜

ははは。。。

スポンサーリンク

備忘録, 日記帳

Posted by アスペ子