アスペ子の生い立ち〜大学〜

アスペ子が入学した大学は家からとても遠かったので、必然的に一人暮らしになりました。アパートではなく大学が建てた団地のような宿舎で生活しました。

1年生の時は強制的に全員が宿舎で生活し、一部屋の定員は2名。相部屋でした。

全国各地からやってくる人逹と、アスペ子はうまくやっていけるのか不安でしたが、でも新しい環境で今まで変だった自分を変えるんだという気持ちで入学しました。

実家から出て一人暮らしをする、両親の目の届かないところで生活する。アスペ子にとって大きな転機でした。

心機一転だ!といつも思うけれど・・・

アスペ子の相部屋になった人は北陸の人でした。とても優しくて穏やかな印象でアスペ子もホッとしました。

その子とは卒業してからも年賀状のやり取りや誕生日の時のメールをするくらいですが、とても仲の良い友達です。

アスペ子にとって友達と呼べる人は二人いるのですが、そのうちの一人です。今は遠く離れて暮らしていますが、いつか会いたいと願っています。

大学は1〜2年は全員共通科目を勉強し、3〜4年で専攻に分かれるシステムでした。

アスペ子は運動クラブの成績が良かったことで、推薦試験に合格した以上、専攻は体育。小学生の時から苦手だった体育を専攻にするなんて先が見えてるよなと思っていましたが、その通りでした。

特に陸上と球技はとても苦手で、当時とても太っていたので動きが鈍く、サッカーなんてボールが回ってきたことがありませんでした。それでも授業をこなし、単位を取らないと卒業できないので、ストレスを溜めながら授業を受けていました。

そんな中で、相部屋の友達以外のたくさんの同級生とはどういう付き合い方だったのかというと、やはり集団の中で一緒に何かをやることはアスペ子にとっては苦痛でしかなかったので、表面上の付き合いだけしかしていませんでした。

多分、皆もそういった目でアスペ子を見、接していたのだと思います。

なぜならば、大学3年生の時の大学祭でのイベントは、先輩後輩が一緒になってするのですが、手伝いや本番のリハーサルなど、アスペ子には声が掛かりませんでした。

アスペ子には先輩と呼べる人もいなかったし、アスペ子はいないものって感じになってしまっていたのでしょう。もちろんアスペ子は大学祭の打ち上げにも参加していません。

 

大学生活で唯一の楽しみはひどかった

大学の4年間過ごす中でのたくさんのストレス発散は、食べることとお酒を飲むことに向きました。

生活費として送られてきた仕送りで(小学生の時からの反動もあり)大学の売店でお弁当やパン、お菓子を買いまくってお腹いっぱい食べていました。

週3〜4回は街に出て、行きつけの飲み屋で飲んで歌って午前様。大学の同級生からは「アスペ子はザルだな」と、お酒に強い女と定着しました。

実際、たくさん飲んでいたのは確かですが、お酒は美味しい時もあれば美味しくない時もありました。そして今だに不思議なのが、飲む時は必ず頭の一点が冷めていました。

自分でもなんでなのかわからないのですが、酔ったらいけない、というような感覚がいつも一点崩れずにありました。だからたくさん飲んでも酔っ払って記憶がなくなるとか、二日酔いになるということは皆無でした。

そんな生活の毎日だったので、授業にはもちろんついていけませんでした。

大学の勉強って難しいことだらけでしたから、テスト前に勉強してもできないことには変わりがありません。追試、追試、追試の連続でした。この頃、頭の中に記憶が残らず苦痛に感じていたのは多分、アスペルガー症候群の二次障害があったからなのでしょう。

入学当初にアスペ子が描いていた「変な自分を変えるんだ」という思いは、結局、大学生活でも何も変わらず同じ自分でした。

わかってはいるのです。輪の中に入るためには自分から一歩足を出すということを。でもできない。輪を外から眺めている冷めたアスペ子は何も変わる、変えることができませんでした。

 

就職のことさえも考えていなかった・・・

大学4年生の頃は、都心ではバブル崩壊直前。アスペ子は両親の願い通りに教員試験を受けました。落ちました。

両親が親戚のコネを使い、市役所の試験を持ってきたので受けました。落ちました。

お手上げ状態だったのにも関わらず、アスペ子の心の中は何も感じていず、教員試験を受けた時に「養護学校を希望するか」という欄にチェックを入れていたので、養護学校に行こうと考えていました。

大学の教育実習の時に見た養護学校の光景がとても気に入っていたからです。ただやっぱり両親は大反対。なんでだろうな?

そんな時に大学のゼミの先生が、大学のある市内の会社を推薦してくれ、面接を受けたら、あっけないくらいにすぐに採用。最後の最後でゼミの先生に助けられました。

今でもとても感謝しています。(先生とは今でも年賀状のやり取りをしています)

スポンサーリンク

私の過去

Posted by アスペ子