アスペ子の日常薬(2017.8〜)

前回心療内科に一人で行ってから、まだ日にちが経っていませんが、在庫の薬が出てきたので通院することにしました。

心療内科の先生に言われた通りに、うつの薬を減らしたところ、10日目くらいからうつ状態になってしまい、減薬した薬を心療内科の先生に相談することなく勝手に飲んでしまいました。

これは通院気にも書いてあるように、非常に危険な行為なので、これから同じような場面が出てきたら必ず心療内科の先生に相談してから、飲む・飲まないを決めようと痛感しました。

今回は寝る前にデパケンとレボトミン錠の増薬と、朝・就寝前のエビリファイ錠と、朝のサインバルタカプセル、そして夕のレクサプロ錠の減薬がありました。


※表示されている量(g・mg)はアスペ子が1日に飲む量で、増薬された薬は赤く、減薬された薬は青くしてあります。

  • セニラン錠15mg(抗不安薬・不安や恐怖・強迫を和らげる)
  • レクサプロ錠20mg(憂鬱な気分や不安な気分を改善)
  • グッドミン錠0.25mg(催眠作用)
  • フルニトラゼパム錠1mg(脳に作用して不安や緊張を和らげ眠りを持続させる)
  • フルニトラゼパム錠2mg(脳に作用して不安や緊張を和らげ眠りを持続させる)
  • サインバルタカプセル20mg(憂鬱な気分や不安な気持ちを改善)
  • アローゼン顆粒0.5g(大腸刺激性下剤・便秘がひどいため)
  • ファモチジン錠20mg(胃酸ならびにペプシンの分泌を抑制)
  • エビリファイ錠(1mg ×2錠)(気持ちの高ぶりや不安感をしずめ、また停滞した心身の活動を改善)
  • デパケンR錠800mg(脳に作用・興奮を鎮める・憂鬱な気分を改善)

上記の薬を毎日、朝・昼・夜・寝る前に分けて飲んでいます。


朝食後

  • サインバルタカプセル20mgを2錠
  • セニラン錠5mgを1錠
  • ファモチジン錠「サワイ」20mgを1錠
  • エビリファイ錠(1mg)を2錠
  • デパケンR錠200mgを1錠

昼食後

  • セニラン錠5mgを1錠

夕食後

  • レクサプロ錠10mgを2錠
  • ファモチジン錠「サワイ」20mgを1錠
  • セニラン錠5mgを1錠
  • デパケンR錠200mgを1錠

寝る前

  • デパケンR錠200mgを2錠
  • グッドミン錠0.25mgを1錠
  • フルニトラゼパム錠2mgを1錠
  • フルニトラゼパム錠1mgを1錠
  • エビリファイ錠(1mg × 2錠)(気持ちの高ぶりや不安感をしずめ、また停滞した心身の活動を改善)
  • セニラン錠5mgを1錠

その他

  • 夜中に目が覚めてしまう時などに、レボトミン錠 5mg を1錠飲む
  • 便通の悪い時に、アローゼン顆粒0.5g

スポンサーリンク

通院記録

Posted by アスペ子