2017年6月からの増薬・減薬 覚書

曇りがちな毎日ですが、天気が良いと、溜まっていた洗濯物を「これでもか!」と欲している私です。

我が家はベランダが狭いので、工夫しないとたくさんの洗濯物を干すことができません。こんな時でも頭を使って活性化を図っているんだろうな・・・

増薬された薬

  • セニラン錠 2mg → 朝・就寝前だったが朝・昼・夕・就寝前に飲む
  • ポラキス錠2 2mg → 就寝前に飲んでいたが無くなる

 

増薬・減薬 1日目

ポラキス錠の減薬だったので、減薬したという実感はなかった。夜中にトイレに起きても、尿もれやおねしょは全くなくなった。

 

増薬・減薬 2日目

心療内科の先生が「セニランは自分で調節して良いから」とのことだったので、調子が良かったためセニランを昼・夕を飲まないでみた。やはり飲まないと調子が崩れそうになったので、慌ててセニランを2錠飲んだ。

 

増薬・減薬 3日目

規定通りに処方薬を飲むことに認め、身体と心のバランスが良くなった気がする。

 

増薬・減薬 4日目

前日同様、調子が良かった。しかし、あまりセニランにばかり頼ってしまい、依存になる可能性もあるので、次回の診察日に心療内科の先生にセニランの飲用について相談しようと思う。

 

増薬・減薬 5日目

今日は身体の調子は良かったが、心の調子が悪かった。甘いものが無性に食べたくなり、けれども家には何もなく、コーヒーに入れる角砂糖の小粒を20個くらいは食べたと思う。それでも治まらないので、セニラン錠を3錠飲んだ。やっと気持ちが落ち着いてきた。

 

増薬・減薬 6日目

朝3時に起床。それまでに数回目が覚めていて頑張って寝ていたが、3時が限度だった。日中、眠くなったら仮眠を取れば良いだけなので、あまり、起床時間を気にすることをしないようにしているため、良い方向にいているのだと思う。

早朝から昼・夕食の準備を始める。気分的には昨日よりも良い感じがしている。

 

増薬・減薬 7日目

早朝の起床が続いていたので、日中にセニラン錠を飲んで、計3回の仮眠をとる。気分が安定してきた。

 

増薬・減薬 8〜10日目

まだ甘いものが無性に食べたくなり、コーヒーに入れる角砂糖の小粒を20個くらいは食べたと思う。

それも底を突いてきたので、上白糖まで手を出してしまった。自己嫌悪に陥るがやめられない自分がいる。なんとかしてやめたいのだが、自分の心が納得しない以上、やめられないのではないかと思い始める。

 

増薬・減薬 11日目

いろいろな人の意見を聞き、自分でも「これではいけない」とハッとした。甘いお菓子よりも美味しいおやつはたくさんあるし、ナッツ類や大豆類は大好きなので、少しずつ・・・きっぱりと移行しようと決意した。

 

増薬・減薬 12日目〜

突然生理になった。歳をとるとともに、いつ何時来るかわからない生理。まだ閉経にはなっていないようです。この生理の前のイライラ感が「角砂糖事件」を加速させていた可能性が高かったかもしれない。

何れにしても、今の時点では「角砂糖はもちろんのこと、甘いお菓子を食べたい」とは思わなくなっている。これを維持していこう!

 

良質なタンパク質って?

何があるのかなと調べたところ・・・

【数値の高いもの】

  • 卵・牛乳・大豆・豆腐・納豆
  • サケ・イワシ・シジミ
  • 牛サーロイン・豚ロース・鶏ムネ肉
  • かまぼこ・ロースハムなど

【数値が中程度のもの】

  • プロセスチーズ
  • あさり
  • ズワイガニ
  • ジャガイモ
  • バナナ

 

などがありました。私の好きな大豆製品が入っていて良かったです。

納豆、卵は昼食によく食べますし、鶏胸肉は我が家のメインディッシュで、価格が安いことと、肉を柔らかくする工夫が身についたので、2日に一度は夕食に鶏胸肉を食べています。

問題は「間食をどうするか」なのですが、先日行ったスーパーで「1袋88円(税抜)の素大豆」なるものを見つけ、試しに購入したところ、美味しいし、腹持ちも良いので、しばらくはこの素大豆を間食代わりにしてみようと思っています。

スポンサーリンク

通院記録

Posted by アスペ子