アスペ子の日常薬(2017.3)

今回の心療内科の受診で、先生に減薬後の1ヶ月の様子を紙に書いて渡したり、話をして伝えたりしました。

特に今回、アスペ子が先生に伝えたかったことは「主人と話し合った結果、朝・昼・夕食後に飲んでいたセニランを朝・昼食後のみにして、日中に調子が崩れそうな時にセニランを飲んで休んだり、仮眠をとったりした」ということでした。

主人もアスペ子の様子を話してくれて、先生も安心したようで、セニランを2錠(夕食後と頓服用)減らしました。

他の薬に関しては、1ヶ月で「はい、じゃあ次の減薬は・・」とはならず、前回同様の処方になりました。

※表示されている量(g・mg)はアスペ子が1日に飲む量で、増薬された薬は赤く、減薬された薬は青くしてあります。

  • デパケンR錠800mg(脳に作用・興奮を鎮める・憂鬱な気分を改善)
  • セニラン錠4mg(抗不安薬・不安や恐怖・強迫を和らげる)
  • レクサプロ錠20mg(憂鬱な気分や不安な気分を改善)
  • グッドミン錠0.25mg(催眠作用)
  • フルニトラゼパム錠1mg(脳に作用して不安や緊張を和らげ眠りを持続させる)
  • トラゾドン錠25mg(抗不安・鎮静作用・憂鬱な気持ちや落ち込んでいる気分を和らげる)
  • サインバルタカプセル20mg(憂鬱な気分や不安な気持ちを改善)
  • アローゼン顆粒0.5g(大腸刺激性下剤・便秘がひどいため)
  • ファモチジン錠20mg(胃酸ならびにペプシンの分泌を抑制)
  • ポラキス錠2(2mg)(膀胱の収縮を抑えることで頻尿を改善)

上記の薬を毎日、朝・昼・夜・寝る前に分けて飲んでいます。


朝食後

  • デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
  • サインバルタカプセル20mgを2錠
  • セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠
  • ファモチジン錠「サワイ」20mg(=ガスター)を1錠
  • ポラキス錠2(2mg)を1錠

昼食後

  • デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
  • セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠

夕食後

  • デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
  • レクサプロ錠10mgを2錠
  • セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠
  • ファモチジン錠「サワイ」20mg(=ガスター)を1錠

寝る前

  • デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
  • グッドミン錠0.25mgを1錠
  • フルニトラゼパム錠1mgを1錠
  • トラゾドン錠25mgを1錠
  • ポラキス錠2(2mg)(膀胱の収縮を抑えることで頻尿を改善)

その他

  • 便通の悪い時に、アローゼン顆粒0.5g
  • 外出や自宅でもどうしても耐えられない状況になった時に、セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠

スポンサーリンク

通院記録

Posted by アスペ子