アスペルガー症候群のアスペ子は一人ぼっち?

日々、暮らしていると「あぁアスペ子は一人ぼっちなんだなぁ」と思う時があります。

ネガティブな時は時々そんなことを考えています。過去には「死にたいなぁ」と思ったこともありました。

でもアスペ子には死に方がわからないのです。

インターネットで調べれば出てくるのかもしれませんが、死にたいと思うだけなので、調べたことはありません。

 

ネガティブな気持ちの症状は深刻だ・・・

ポジティブやネガティブは、アスペルガー症候群の二次障害からくるものと、育ってきた家庭環境からきているものだと思います。

ポジティブやネガティブ以外の時は普通と言うのでしょうか、何事もない状態です。考えている時もあれば考えていない時もあり、考えている時もあれば考えていない時もある。アスペ子的な思考です。

ポジティブな時は、もうどうしちゃったのというくらいハイテンションになります。

ルンルンしたり、明るくなったり、動作も機敏で、やることなすこと、とにかく楽しくなります。しかし(大丈夫な時もあるのですが)その後にはテンションが下がり、うつ状態になったりします。これは主人が一番恐れていることです。

ネガティブな時は、ポジティブな時に比べて多いです。

特に社会人の時はネガティブが9割は締めていたように思います。不倫をしていたからというのもありますが、楽しみが食べることと、テレビを見ることと、寝ることだけだったので、人生終わっているよなぁなどと思い暗くなっていました。

いつまでたっても変わらない生き方に絶望していた時期でもありました。それこそ、白馬に乗った王子様が現れる!なんて本気で思っていた節もあります。そのくらいネガティブな生活をしていました。

結婚後もこのポジティブとネガティブは変わらずありました。割合もネガティブが9割はあったでしょう。主人が仕事で出かけている時など、急に涙が出てきたこともありました。

なんでだかわかりませんが、辛くて苦しくていたたまれなくて、気づくと泣いているのです。そういう時は、いつかポジティブなアスペ子になれるさ!明るい家庭になるさ!となんとか気合いらしいものを入れていました。

でも、以前にも書きましたが、堕胎や心療内科に通ったりとか、色々マイナスなことが続き、家計も苦しくなって1回目の引越しをして、事業が頓挫になって・・・アスペ子にポジティブになれということの方が難しいです。この頃はよく頭の中が真っ白になって思考が止まっていました。

主人は「ここから始めよう、チャンスだと思ってさ」というポジティブな考えでアスペ子に接してきてくれますが、アスペ子はいつまでたってもネガティブから抜け出せませんでした。

この頃も主人が出かけている時に、一人で泣いていました。

どうしてアスペ子がいると上手くいかないんだろう、アスペ子は疫病神なのかな? そう思うたびにどんどんネガティブの底に沈んでいくのでした。

ネガティブの底には何もなく、アスペ子一人きりです。

そして周りにあるものは、生まれてから今までの嫌なことがたくさんあります。思い出したくないことがどんどん出てきます。

アスペ子はその度に「海底の貝になりたい、一人ぼっちでジッとしていたい」と思います。(そんなドラマがありましたよね)

今思うと引きこもりと同じ現象で、アスペルガー症候群の二次障害だったのでしょう。自分に自信が持てない、何をやっても上手くいかない、主人の言っていることを素直に聞けない、そんなアスペ子は自分で自分が嫌になっていました。

幸いにも自傷行為には走りませんでしたが、それに似た、首締めは何度もやりました。自分で自分の首を締めると気持ちが落ち着くのです。これは社会人になった時からの行為です。

 

ネガティブな気持ちは考え方次第

今は心療内科に行って二次障害の薬を飲んでいるので、ネガティブよりもポジティブの方が割合的にはたくさんを締めています。美味しいものを食べて美味しいと心から思う、今日がダメでも明日がある、このくらいまでは思えるようになりました。

ただ薬を飲んでいるからなんだよなと思うと複雑な気持ちにもなりますが、それでも、毎日を楽しくポジティブに生きていくことを今まで味わったことのないアスペ子にとって、ポジティブはとても新鮮です。ネガティブよりもずっとずっと気持ちが楽になります。

特に美味しい夕食を食べた後は大満足で感謝の気持ちが出てきます。

あとは不定期ですが、月に1度だけ主人と二人で外食をするようにしています。高級な値段の高いものではなく、安価でも美味しいものを食べると、生きていて良かったぁという気持ちになります。と同時に、気を遣って誘ってくれ、頑張って働いてくれている主人に対して感謝の気持ちでいっぱいになります。

こういうちょっとの楽しみを継続させていけば、二次障害も少しずつ軽減し、一人ぼっちだなんて思わなくなるのでしょう。

そしてその楽しみを目標に日々、充実した毎日が送れるように努力しようと思うアスペ子です。

だから今は決して一人ぼっちだなんて思っていません。

いつも笑顔でいれば必ず福がやってくると信じています。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子