処方薬のおかげなのか?

食欲の秋まっしぐらの今日この頃。

でもニュースなどでは、例えば、梨の実の大きさを決める梅雨時に空梅雨だったせいで大きさが小ぶりになってしまったそうです。

我が家では最近、あまり果物を食べなくなってきています。やはり価格を見てしまうと・・・なかなか手が出ません。体のためには食べた方が良いのでしょうが・・・

 

もしや更年期障害か?

私は今、更年期の真っ只中にいます。

最初に身体の異変に気付いたのが梅雨時あたりでした。体重が急に増え、かと言って体脂肪も内臓脂肪もそれほど変化がなく、なんでかな?と思っていた矢先に「下半身のむくみ」が現れました。

特に膝から足先がひどく、足首を曲げることさえ痛いほどでした。ちょっと触っただけでも肌が凹んでしまったので「これは処方薬の副作用だ」と短絡的に考えてしまいました。

そこで心療内科の先生に相談したところ「そんなことはない」と、キッパリ言われてしまいました。

それはそうです。約3年間、同じような処方薬を飲んでいたのですから、急に副作用が出るはずもなく、また先生にしてみたら「この薬でむくみの副作用はない」と判断し、処方を続けてくださっていたのです。

むくみは約2週間以上続き、少しづつ引いていきました。私はなんでむくんでしまったのかがわからず、この時はそのままにしてしまいました。

二度目の下半身のむくみは、9月にやってきました。今度ばかりは謎解きをしないといけないと思い、自分の身体の変化したところを考えてみました。

まず、やはり下半身のむくみ、食欲旺盛、倦怠感、月経の乱れなどが主にありました。となると・・・これは更年期障害だ!ついにとうとうやってきた更年期障害!

今まで更年期が約10年間あることくらいしか気に留めていなかったのですが、しっかり知識として更年期障害を知らなければいけないと思い、いろいろ調べてみました。

結論から言うと、女性なら仕方がない身体の変化と言えるのでしょうか。更年期に入っても更年期障害がでない人もいるそうですが、私の場合はしっかりと身体に変化が出ました。

 

更年期障害で助かった?こと

むくみはマッサージや運動でなんとか乗り切れそうです。

しかし私の場合は、食欲と倦怠感はまだまだ自制心が欠けています。心の弱さからきていることが一番の原因です。これは、性格と言えます。心が強くならなければ、どんなことでも乗り越えていけないのです。わかっているのですが・・・

ただ、心療内科で処方されている薬のおかげで、イライラや不眠、便秘などはなんとか抑えられているように感じます。もし、処方薬を飲んでいなかったらと思うと・・・ゾッとします。

まず家庭崩壊は間違いなかったと思います。

以前の私のイライラはハンパないものでした。それに加えて不眠と便秘が加わったら・・・主人に迷惑をかけるどころか、私を拘束しなければならないくらいになっていたのではないでしょうか。

ですので(重複しますが)、このような最悪の事態に至らないでいられるのも、心療内科で処方されている薬を飲み続けていたおかげだとも言えると思います。

主人は私のことを「まだまだ客観的に自分を見ていない」と助言してくれますが、私の中では「多少は」我慢が効くようになった部分もあります。

他人から見たら「なんでそんなことをくよくよ考えるの?」と言うことを私は考えすぎてしまうのですが、最近は何か心(気持ち)に引っかかることがあると、心(頭の中)で「私は私、人は人」「くよくよ考えても仕方がない」「ニコニコ!良く良く!」と思うようにしています。

そうすると少しずつ心の曇りがなくなってくることに気づきました。やはり「笑う門には福来たる」なのですね。痛感しています。

 

一つずつ、一つずつ

私にはやること=治す(直す)ことがたくさんあります。

先日、あまりにもたくさん考えることや治すことがありすぎて、頭がこんがらがってしまいました。

その時にふと「これは頭の中=脳みその神経?が正常になろうと変化してきているのでは?」と思いました。今までの奇異な思考が正常化されつつあるのかなぁと、ちょっと前向きすぎる考えが浮かびました。

このことを主人に話したところ「一つずつでいいんだよ。いっぺんに全部やろうとしたってできないんだから、一つずつでいいんだよ」とアドバイスしてくれました。

考えてみたら、私は今まで一度に全部のことをやろうとして、いつも失敗していました。そして自分で自分の首を絞めていたのです。

これからは「一つずつクリア」していったら忘れずにまたできるようにしていき、そして次の課題に取り掛かるようにしていこうと思います。

今までなんでできなかったのかな・・・今までなんでこのことに気づかなかったのかな・・・主人がいつも助言してくれていたのに、全く頭に入って(留まって)いなかったのだろう?

でもいま、過去を考えても仕方がないのですから、今を、そしてこれからを良くしていくために「一つずつ」自分でできるようにしていこう!そしてこのいきで更年期障害も乗り切ろう!

日記帳

Posted by アスペ子