ここに来るとホッとする

月日が過ぎるのも、あっという間で、もう9月も1/3が過ぎようとしています。

今年は残暑が厳しく感じ、家にばかりいるアスペ子にとって、扇風機は欠かせません。エアコンは本当に暑い日・・30〜33℃くらいにならないと使用しませんでした。

というのも、光熱費がバカにならないのと、我が家は風通しが良いのと、夕方になると急に涼しくなるのと、いろいろな理由があって、エアコンを控えています。

最近は、このブログが疎かになってしまっていると猛省しています。

他にもいろいろやっていて、ポイントや他のブログや、体調が悪い時は仮眠を取ったりで、アスペ子のブログに手が回らなかったのです。

こうやってアスペ子のブログを淡々と書いていると、パソコンのキーを叩く指のスピードも滑らかで、何も考えなくても文章がすらすらと出てくるから不思議です。

多分、ここが一番アスペ子のいやすい場所なのかもしれません。

広汎性発達障害・自閉症スペクトラムの中のアスペルガー症候群・ADHD。おまけに先日姪っ子に、アダルトチルドレンだと言われたアスペ子が、思ったことを書き込んでいける場所は、唯一ここだけだから、ホッとします。

最近のアスペ子は、時間を気にしないようにしています。

以前は「〇時までにここまでやらなきゃ!」と焦って、ドツボにはまっていましたが、最近は「疲れたから少し休憩しよう」とか「明日もあるから今日はここまででいいや」と、少しは自分で決められるようになった気がします。

というのも、主人の仕事が集中的であったり、アスペ子の内職が少し増えたということがあったり、食事は毎日、家で作って食べるようにしていたり(たまに主人が夕食を作ってくれます)、アスペ子もいつまでも若くないという現状があったりと、心身共に無理がきかなくなってきたからです。

今年の春頃までは、例のアスペ子歩きでどんどん歩いて行ってしまっていましたが、今はアスペ子歩きはほとんどしていません。疲れてしまったり、歩調を主人に合わせたりしているからです。

8月は季節が夏だったからというのもあります。

アスペ子は、本当に暑さが苦手のようで、今年の夏は珍しく外出時に帽子をかぶりました。今まででは考えられないことです。

さらに、短い半袖で外に買い物に出たら、腕が日焼けしてしまい痒くなってしまいました。「これくらいの太陽で日焼け?」とびっくりしましたが、老化現象なのか、痒くて痒くて大変でした。

考えてみれば、一日中、家の中にいるような生活をしているのですから、足腰や皮膚だって老化が早くなりますよね。仕方がないことです。

お盆も主人の実家や、アスペ子の実家に行かず、家でいつもの日常を過ごしていました。

我が家で特別な日といえば、大晦日と正月だけなので、あとは毎日同じ生活です。

だからと言って、アスペ子は不平不満はありません。こうしてブログを書いたり、主人にアスペ子の自由な時間を与えてもらえて、感謝しているくらいです。

子供がいないからということもありますが、主人と二人でそれぞれの時間を過ごしていると、とても落ち着きます。今のアスペ子には、のんびりすることが大切だと、心療内科の先生も主人も言います。

今までアスペ子が生きてきた長い年月は、ある意味、虐待とも言えるような、言いたいことも言えず、我慢、我慢の毎日でしたから、この辺でしっかり休養して、これから先の目標に向かって進んでいく体力を蓄えていかないと、途中でギブアップしてしまいます。

処方された薬も順調に効いているようですし、次回の通院日には先生に問題点があったということを言わなくて済みそうです。

うつ状態の本当の意味、状態も経験しましたし、やっとアスペ子の障害の大変さがわかったので、良かったと思っています。

今月は、心療内科に行ったり、義妹の家に遊びに行ったりと、少しだけ用事が入りますが、しっかりと自分を持っていこうと思います。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子