【続】電車で遠出をしてきました

前回のブログで書いた通り、JR線に片道約50分乗って、義妹のところに遊びに行ってきました。

遊びに行った目的は、2年ぶり以上に姪っ子に会うためです。姪っ子はとても元気で、そして、とても大人になっていました。アスペ子は「姪っ子も独り立ちをすると、こんなにも変わるものなんだな」とビックリしてしまいました。

義妹の家の最寄駅に車で迎えに来てもらったのですが、甥っ子が乗っていませんでした。どうも睡眠不足で「グズ」になっているようでした。睡眠がきちんと取れないと、日中はもちろんですが、生活のリズムが狂ってしまって、精神的にボロボロになってしまうので、ちょっと心配しながら、とりあえず義妹の家に行きました。

アスペ子は、行きのJR線では、特に興奮もせず、至って普通でした。「久しぶりだなぁ」と考えることができるくらいの体力がありました。

主人は相変わらず、気が張っていたようで、アスペ子がどうにかならないかと心配していましたが「大丈夫だよ」と言って、主人に気を揉ませないように、アスペ子が気を付けようと思いました。

義妹の家には猫が3匹いるのですが、みんな個性が違っていて、とても楽しいです。

でも最近、2匹が喧嘩したそうで、噛みつかれた方の猫の背中が、パックリと開いてしまい、往診の動物病院の先生に診てもらっているそうです。痛々しくてかわいそうでしたが、家に入った時だけ出てきて、そのあとはカーテンの裏に引っ込んでしまいました。

肝心の甥っ子ですが、ガンガンに効いたエアコンの部屋でまだ寝ていました。時間は11時過ぎ。夜、眠れないので、ウツラウツラしているような、寝ているようなそんな感じでした。

やっと起きてきたので、アスペ子が「おはよう!」と言ったら、甥っ子は「おはよう」と返してくれました。アスペ子はちょっとだけホッとしました。返事を返してくれない時もあるので、今日は返してくれたというだけでホッとしました。

時間も時間なので、お昼は我が家が行ってみたいといったファミレスにしました。というのも、我が家の周りにはあまりファミレスが無く、しかも喫煙席がないところばかりなので、どこでもいいからファミレス希望と言っておきました。

そうしたら、姪っ子が「ココスがいいな」と言ったので、すかさずアスペ子も「私もココスに行きたかったんだ!」と言って、昼食の場所はココスに決定しました。

店内は、禁煙席は混雑していましたが、さすがに東京でも喫煙席は空いていて、すぐに席に座れました。

注文時になると、みんなすぐに決まったのですが・・甥っ子はぐずぐずとしていてなかなか決まりません。以前はそんなことはなかったのですが、家にばかりいるせいなのか、一時期とても良くなっていた明るさも消えてしまい、元に戻ってしまった感じがしました。

義妹に聞くと、処方された薬を飲まなくなってしまったそうです。やはり処方された薬は、自分で勝手に飲まないことはとても危険ですので、なんとか義妹にはここで踏ん張って欲しいものです。

しかし、甥っ子も姪っ子(姉)が時々家に遊びに来るようになって、少しは落ち着く時間もあるようなので、とても大人になった姪っ子には、(多分)義妹も、私たちも感謝しています。

食事が終わり、義妹の家に行って雑談をしていたのですが、やはり甥っ子は布団の中に潜りっぱなしでした。

アスペ子はもうちょっと甥っ子の顔を見たかったので、とても残念でした。

この時の雑談で、今はやりの「ポケモンGO」の話題になり、姪っ子がとてもハマっているということを知りました。甥っ子は、まったく興味を示さず、パソコンで一つ一つのポケモンキャラの詳細を調べることのほうが好きなようでした。

この「ポケモンGO」はもう一種の社会現象・・世界を巻き込んだ社会現象のようですね。行きの電車の中でも、スマホの画面が地図になっている人がたくさんいました。

主人もアスペ子も、携帯はガラケーなので、「ポケモンGO」はできません。というよりも、興味がないと言った方が正しいかもしれません。

確かに、散歩しながらキャラを見つけて、楽しい、健康的、ということに繋がるかもしれませんが、興味のないことに時間を費やすほど、やりたいかというと・・NOです。

それよりも、「ポケモンGO」に関するニュースが日に日に増えていることの方が気にかかります。事故にあったり、喧嘩になったり、仲間ができる楽しさがある反面、怖いニュースもたくさんあります。

姪っ子も、友人とわざわざ秋葉原まで行って遊んできたと言っていました。何事もなく楽しんでくれたらな、と思うアスペ子でした。

そろそろ夕方になり、帰宅の時間になりました。楽しい時間はアッという間に過ぎてしまいます。義妹と姪っ子が駅まで送ってくれました。

アスペ子は、本当はもっともっとたくさん話を聞来たかったのですが、もう会えないわけではないですし、来月、義妹たちがアスペ子宅に遊びに来るかもしれないので、それを楽しみにして、名残惜しいですが「またね〜」と別れました。

アスペ子は基本的にお小遣いを持っていないので、パンを買って帰りたかったのですが、我慢しました。これからまた電車に乗って、徒歩で家まで帰ったら、冷やし中華を作る予定でした。

さすがにアスペ子も心身ともに疲れてしまったのか、帰りの電車では爆睡してしまいました。主人が起こしてくれなかったら、終点まで行ってしまっていたかもしれません。

そんなアスペ子を見て主人が「駅からバスに乗ろうか?」と言ってくれたのですが、ここまできたら徒歩で帰宅したかったので、家の近くのスーパー経由で徒歩で帰宅しました。

夕ご飯が冷やし中華で助かりました。簡単にできるので、ちょっとフラついていたアスペ子でも作ることができました。昼食がファミレスだったので、主人もアスペ子もお腹がペコペコ。しかもいつもの夕食の時間よりも1時間以上過ぎていたのでなおさら腹減りでした。でも、頑張って作った冷やし中華はとてもとても美味しかったです。

今回は主人が同行で、遠出の外出を体験しました。一人でフラッと知らない町に遊びに行くことはできそうかな・・と思ったアスペ子ですが、やはり都内に行けば行くほど緑は少なく、人が多く、空気が淀んでいるので、実現できるのはいつになることやらわからないなと感じました。

アスペ子は特に都内にこだわっているわけではなく、以前、東京に住んでいた頃に、主人と行った場所に、また行ってみたいなと思っているだけです。上野動物園、吉祥寺、浅草や横浜中華街など、時々無性に行きたくなる時があります。

以前、主人と行った時と、今、主人と行った時の違いがあるはずでしょうし、アスペ子自身も何かを感じ取れるのかなと思ったからです。

でも今回の義妹宅へ遊びに行くだけで、ブログを書くことがなかなかできないくらいの疲労感があったのですから、遠出をするのはまだまだ先の先の話なんだなと実感しまいした。

まずは主人からのGOサインが出るまでは、じっくりと自宅療養し、たまに買い物や散歩をし、通院で電車になれるようにしていくのが先だなと思ったアスペ子でした。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子