予定が変更になっても大丈夫だったアスペ子

7月は予定がいっぱいと話していましたが、今回、いろいろな事情により、婦人科に行くことが取りやめになりました。

以前のアスペ子でしたら、何がなんでも「行かなきゃ、行かなきゃ!」と、わめき散らしていたのですが、今回は主人に対して「そっかぁ、仕方ないね。じゃぁ行かなくていいや。

ここの所、おねしょもないし、尿漏れもないし、子宮筋腫は自分の体の異変で感じるだろうし、もう10年以上経っているけど何事もないから、大丈夫だよ。婦人科は行くのはやめよう」と言えました。

その日は、他に市役所に行く用事があったので、市役所に行って、その後、昭和チックなラーメン屋さんに行くことだけにしました。(アスペ子はそれが目的だったりしてます)

食べ物につられて、急な変更にも対処した感はありますが、それでも、以前に比べたら、ずっとずっと落ち着いて主人の説明を聞くことができました。

以前の「突然の予定変更に対するパニック」が嘘のようなアスペ子に、アスペ子自身驚いてしまいました。やっとここまで来ることができたかという気持ちと、これからも、このような対応ができるように維持していこうという気持ちが湧きました。

これから先、年老いていくうちに閉経をし、子宮筋腫も小さくなることがあるそうですので、婦人科の方はその時に行くかどうかを判断すれば良いかなと思っています。

また、おねしょや尿漏れに関して、よくよく考えてみると、2年間も月経がない状態で生きてきたアスペ子でした。

ドグマチールを飲むことを止めてから、約半年くらいで月経が始まりました。

最初の月経は「いつもとちょっと違うかな?」という感じでしたが、2回目からはいつも通りの月経になりました。回を重ねていくうちに気づいたことは「おねしょをしなくなった」「尿漏れがなくなってきた」ということです。

これは、あくまでもアスペ子の推測ですが、月経が長い間、止まっていて、また再開したことによって、膀胱や尿管など、内臓が活発(敏感?)になってしまい、おねしょや尿漏れにつながったのではないかと考えています。

今は、本当におねしょも尿漏れもなく、夜中にトイレに起きるのも1回くらいで、もちろん尿漏れはせず、ストレスのない睡眠になっています。

そう考えると、人間の体の構造というのは、本当に不思議で、繊細なのだなと思いました。

今後は、子宮筋腫と同じように、おねしょや尿漏れが普通の状態でも起きるようになったら、婦人科に行くかどうかを考えていきたいと思っています。(あまり無駄に医者には行きたくないのが本音です)

話は変わりますが、この急な予定変更の話を主人から聞いた日は、週1回の買い出しの日でした。天候は晴れ。梅雨の「つ」の字もないくらいの日差しで、主人と汗だくになってリュックを背負い、買い物に行きました。

いつも行く、業務スーパーで安い(なるべく国産品の)食材を買いました。これからの季節の昼食は、そば、そうめん、冷やし中華が主なメニューになります。時々、ラーメンにおにぎりという、炭水化物プラス炭水化物の日もありますが、なるべくアスペ子でも簡単にできるものをメインにローテーションを組んでいます。

夕食も同じで、夏の時期は魚がメインです。あまり魚がない時は鮭の切り身にしたりします。このくらいはアスペ子も普通に料理できます。(焼くだけなので・・)

肉野菜炒めは主人の担当です。主人は料理がとても上手になってきました。炒め物がメインですが、味付けが抜群!隠し味のオイスターソースの量が決め手のようです。

最初の頃は、中華鍋から食材がこぼれていましたが、今では鍋振りも様になっています。アスペ子が全く動けない時に作ってくれるのには本当に感謝しています。

スーパーから重たいリュックを背負って、えんやこら帰宅して家に入ると・・家の中は・・涼し〜!

そうなんです。今シーズン初のエアコンをつけたのです。

7月2〜3日は猛暑日だったのにもかかわらず、エアコンはつけてずに扇風機を回し、窓という窓を全開にしていたというのに、今日からエアコンを使用することにしました。

というのも、人間は我慢すれば大丈夫なのですが、魚たちの水槽の水温が「これでもか!」というくらいに上がってしまったので、主人が「そろそろエアコンを入れよう。魚にダメージがあるといけないから」と言ったので、今シーズン初のエアコン使用開始となりました。

アスペ子宅のエアコンの設定温度は、28℃。扇風機を併用してリビングとキッチンが涼しくなるようにしています。もちろん、誰もいないかのようにカーテンは閉めています。

寝室のエアコン設定温度も28℃で、切れるタイマーは4時間後にしています。最近は寝苦しくて、寝る前の薬を飲んでいても、あまり熟睡できていなかったので、エアコン使用は嬉しい限りです。

エアコンというと電気量がかかる・・というイメージがありますが、つけっぱなしの方が、つけたり消したりするよりも電気量がかからないと、主人から聞いた時にはビックリしました。なるほど・・知らないことばかりだな・・とアスペ子の無知さ加減も最大級です。

そして、電力自由化に伴って、アスペ子宅は電力会社を変更しました。担当の方が「今までとあまり変わらないかもしれませんが、少しは安く提供できると思います」と言っていたので、これからの季節、どのくらいの電気量の請求が来るのかがとても楽しみです。

今の時代はいろいろなことに対して、いろいろな選択肢がたくさんあって、「知らなきゃ損損」のようです。アスペ子はそういうことにとても疎いので、全部、主人任せです。

主人には、家のこと、家計のこと、アスペ子のこと・・本当に感謝です。

だからこそ、アスペ子は広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の二次障害を少しでも軽くし、なくしていく努力が必要なのだと思いました。

なかなかうまく進まない時も多々ありますが、焦らず、慌てずを心がけて、できることからやっていき、できないことに繋がるようにしていきたいなと思うアスペ子です。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子