久しぶりの遠距離散歩と外食

6月になり、なんだか晴れたり曇ったりと、天気も不安定ですが、先日、主人と、消耗品の日用品やちょっとした食料の買い出しで、ホームセンターと外食に行ってきました。

そして・・帰りにアスペ子の大好きな外食をしようと主人が提案してくれました。

アスペ子は、もう万々歳!昼食なので、そんなにガッツリ食べるものではなくて、かと言って軽食では久しぶりの外食なのにもったいない(貧乏性かな)。

予算も限られているので、考えに考えた末、たまに行っているラーメン屋さんに行くことにしました。

アスペ子の家の近所には、あまり飲食店がありません。いわゆる古い住宅と新しい住宅が混在した住宅街なので、ちょっと歩かないと飲食店がないのです。

まずはホームセンターまで歩きました。ホームセンターは我が家から一番遠い場所にあるので、月に1回行けば良い方で、今回は2ヶ月以上ぶりに行きました。

ドラッグストアより安いもの、大容量のシャンプー、キッチン用品はPBなので安くて助かります。カゴはいつもアスペ子が持つのですが、だんだん重くなっていって・・これは大変だなぁと思いましたが、月の1度は来ない場所なので、頑張ってリュックに入れて次の場所に行きました。

ちなみに、重いものは主人のリュックの中に、比較的軽いものはアスペ子のリュックの中に入れてます。

さて次は、いよいよ昼食のラーメン屋さんにGO!です。

しかし、そのラーメン屋さんに行くには山あり谷ありの、心臓破りの坂道を登らないと行けません。アスペ子は久しぶりでも大丈夫でしたが、主人は重たい荷物を背負っての上り坂なので、長距離用の靴を履いていても足にマメを作ってしまいました。

歩くこと約20分くらい、やっとこラーメン屋さんに着きました。主人もアスペ子も朝ごはんはコーヒーだけなので、お腹がペコペコです。

このラーメン屋さんは、平日のランチ限定で、ライス無料でおかわり自由&自家製漬物無料でおかわり自由なので、我が家にとってはとてもありがたい存在です。

しかも、ラーメンも胃にもたれることなくなんだかんだ言っておいしいラーメン屋さんなので、時々訪問しています。

今回は主人はラーメンの並とトッピングが煮卵。ライス大盛り1杯と漬物たくさん。麺は固め。

アスペ子は大盛りにしようか迷った挙句、結局ラーメン並とトッピングは煮卵にしました。麺は固めで油少なめ。大盛りにしなかったのは主人の助言もあったり、ラーメン屋さんに着いて「やっぱり並にしよう」と思ったからです。それにもしラーメンだけで足りなかったらご飯をちょっと食べれば良いかなと考えたからです。

早速注文したラーメンがきました。スープを飲んでアスペ子は「あれ?」と思いました。煮卵星人のアスペ子は煮卵を食べて、またまた「あれれ?」なんだか前回と違って味が濃いめになっています。

麺はいつも通りおいしかったのですが、肝心の煮卵がしょっぱすぎ!前回、主人に「ここの煮卵は一二を争うくらいに美味しい!」と言っていたアスペ子だけに、複雑な思いが駆け巡りました。

主人も煮卵星人のアスペ子が絶賛した煮卵をトッピングにしただけに「しょっぱい!」と思ったのか、半分アスペ子にくれました。そのくらい前回と味が変わっていました。

考えられるのは、アスペ子宅での食事が質素で薄味になっていたから濃く感じたのか、それともお店の事情で味を変えたか、最悪なのはいつも同じ味ではないのか・・いろいろと考えてしまったアスペ子です。

主人が気づいたことは、チャーシューが変わったということです。前回はバラ肉のチャーシューでとろけるように美味しかったのに、今回はロースで前回ほどの旨味がなかったと言っていました。

お互いに「ラーメン屋さんて、回転してなんぼだから、お店も大変なんだろうかねぇ」と話しながら帰路を歩きました。

それでも総合的な満足度は高得点で、とても美味しかったです。

我が家はラーメンが好きで、新婚当初から、よくラーメン屋さん巡りをしていましたが、そうそう「この店が一番!」というお店には出会うことがありませんでした。

100点満点中90点なんだけど、あと10点が何か足りない・・ということが多かったです。強いて言えば、100点満点の「とんこつラーメン屋さん」が唯一あったのですが、そこはもうなくなってしまいました。

そのお店には何度か通い、必ず「替え玉」をして、帰るときには「美味しかったね〜大満足!また来ようね!」と言っていました。

でも、立地条件なのか、回転が悪かったのかなんだかわかりませんが、閉店してしまいました。もしかしたら別の場所で営業しているのかもしれませんが、純粋なとんこつラーメンのお店が少ないだけに、主人もアスペ子も涙が出るくらい悲しかったです。

外食は月に何回もできるものではないので、アスペ子は主人が「今月〇〇に行こう」と言ってくれるととても嬉しくなり、生活に気合も入ります。うつ状態になっている暇もありません。

外食のために普段の食事を質素にし、外食をして「だ〜い満足!」と言えるように、自分で体調管理も少しずつできるようになりました。

処方されている薬による副作用として、便秘がありましたが、今はアローゼン顆粒0.5g(大腸刺激性下剤・便秘がひどいため)は、本当に出ない時だけしか飲んでいません。月経と同じように、少しずつ、体の調子が戻ってきているのかなと思っています。

次回の外食はなんだろう?回る寿司?台湾料理?それともちょっと・・たくさん歩いて、素朴なラーメン屋さん?考えるだけでワクワクしてしまうアスペ子です。

考えすぎるのも良くないので、ほどほどにしていますが、好きなものを食べるという行為は、ストレス解消につながります。(もちろん食べ過ぎは良くないですが)

そこで気づいたのは、食べなければいられなかった「間食」が減ったということです。歳のせいもあるのかもしれませんが、間食なしでも一日を過ごせるようになってきました。

「今日の夕ご飯は〇〇だからか間食はやめよう」

「今日の昼食はお腹いっぱいだったから間食はやめよう」

などと考えられるようになりました。

このことはアスペ子にとって「ものすごく驚異的な進歩」だと自負しています。もともとスナック菓子は苦手だったのですが、その代わりにバタピーやパンやせんべい、団子などを食べていました。

それが最近は、だんだんと食べる量が減り、全く食べない日もあるくらいです。

何か楽しいこと、楽しみなことを見つけると、自然と感情?が、頭の思考が変わるということなのでしょうか?アスペ子にとってはとても良いことだと思っています。散歩もできるし、美味しいものも食べられるし、楽しみも出来るし。

本当に感謝の毎日です。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子