3月になって、少しは変わるかな?

2月中旬からの眠気も、3月の日差しを浴び始めたら少しはおさまってきたようです。単なる気の持ちようなのかなとも思うし、薬が効きすぎているのかなとも思うし、アスペ子にはまだよくわかりません。

主人が気を遣って、苦しい家計の中でも、楽しい出来事を提案してくれているので、アスペ子の気持ちが前向きになってきているのだと思います。本当に感謝の限りです。

3月は食べることの楽しみを予定しています。

主人もアスペ子も食べることが大好きなので、通院の帰りにまだ行ったことのないお店に行ってみようか、家で安い材料を買ってきて、しゃぶしゃぶ鍋はあるけれど、あえて土鍋で肉鍋みたいにして食べようか、久しくジャンク系の食べ物を食べていないので、ホームセンターに行く予定があるからその帰りに牛丼を食べようか、などなど、お腹が満腹になるくらいに話し込んでしまいます。

実は明日、義妹と甥っ子がやってきます。今回は遊びに来るのではなく、義妹が引越しをするのでその手伝いに行くので、迎えに来てくれます。

どうも、前回行った台湾料理店が気に入ったようで、お昼は台湾料理店のランチを食べてから出発しようと提案してきました。そっちがメイン?なのかなという感じです。

主人もアスペ子もちょうど行きたいなと思っていたので、速攻で了承しました。そうなると、何を食べようかなと思案の毎日。アスペ子は悩んで時間がかかると頭の中でグルグルと文字が回ってしまい、訳が分からなくなってしまう傾向にあるので、今から注文するものを決めています。

主人は「そんなに慌てなくても大丈夫だよ、食べられなかったら俺が食べてあげるから」と言ってくれるのですが、やはり美味しいものは食べ切りたいのがアスペ子の心情ですので、なるべく食べきれるようにランチセットをチョイスしようと思います。

3月になって、少しずつ暖かくなって、氷も張らない時期になってくると、アスペ子は少しずつ快調になってくるようです。何かの記事で見かけたことがありますが、女性は冬場はうつ状態になりやすいらしいです。アスペ子も例外ではなく、薬を飲んでも効いていない感覚になったことが時々ありました。

ですので、大人の発達障害の線も病院に行ったのも7月でしたし、今月の心療内科にも行きたくないという気持ちは、今のところ全くありません。ネガティブといえばネガティブですし、わがままといえばわがままです。

でもこの部分はあまり深く考えても、アスペルガー症候群が解明されないとわからないような細かい小さなことのような気もするので、「寒さにめっぽう弱いアスペ子」で終わりにしておくのが賢明のようです。

明日の引越しの手伝いは、アスペ子にとって約2年以上ぶりの主人の実家のある東京です。(大人の発達障害の専門病院は除いて)アスペ子は、こういう時は非常にテンションが上がってしまいます。もうルンルン、ワクワク、夜が眠れなくなるくらいにハイテンションになります。要するに、アスペ子歩きになってドンドン歩いて行ってしまうのと同じようになってしまいます。

こうなると、困るのは主人です。引越しの手伝いもしたり、アスペ子の面倒も見たり、二進も三進もいかなくなってしまいます。過去、このような状況になって失敗したことばかりでした。成功したことなど皆無に等しいかもしれません。

でも、今回は大丈夫です。なぜならば、引越しをするのは義妹と甥っ子。引越しの手伝いをするのは、主人とアスペ子。この4人での1日ですので、アスペ子も気兼ねなく過ごせるでしょう。

そして義妹の引越しが決まった時から、主人から口が酸っぱくなるほど「アスペ子は俺の指示に従って行動すればいいから」と言われているので、アスペ子も自分から「何をしよう、どうしよう」と焦ることがないので安心しています。

それでもやっぱりワクワク、ドキドキと明日が楽しみなアスペ子は、ちょっとハイテンションです。

なぜならば・・義妹の家では猫を3匹飼っています。2匹には会ったことがあるのですが、もう1匹にはまだ会ったことがありません。猫好きのアスペ子は、引越しの手伝いではなく、猫遊びに夢中になってしまうかもしれないかと、今から心配しています。

明日は天気予報は晴れ。気温もまずまず高め。最高の1日です。

皆んなに迷惑をかけないように、アスペ子もしっかりと手伝いをしてこようと思います。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子