パソコンがなかった時のアスペ子

パソコンが逝かれてしまった約8日間は、アスペ子の手元にパソコンがなかった日。こういうことはパソコンを手に入れた時(社会人)以来なかったので、とても不安でした。

つまり精神安定剤のようなものとして、アスペ子の手元にパソコンがあり、騒音や気持ちのざわめきなどを解消する道具となっていました。

それが約8日間もない・・主人が貸してくれると言ってくれたのですが(とてもありがたかったのですが)、気持ちがリラックスしないのです。自分のものではないんだという「こだわり」に似た思いが出てきてしまいました。世間一般から見れば、ただのワガママだったと思います。

最初の3日間は大丈夫でした。なんやかんやと、家事が忙しくてパソコンどころではなかったのです。

問題は4日目くらいからでした。何もすることがなく、かといってブログの記事を紙に書くのも面倒で、親友に手紙でも書こうかなと思ったのですが、話題になることがなかったり、親友の子供が大学受験中で忙しいだろうなと思ったりで、結局、手紙も書きませんでした。

あと残っていることといえば・・・食べることと寝ること。完全に堕落になっていました。たった4日間でこんなにもアスペ子の気持ちの持ちようが変わってしまうものなのかと、アスペ子自身も驚いてしまいました。

一時は「究極、パソコンがなくても平気だよ」などと主人に言っていたアスペ子でしたが、実際にパソコンのない時間を過ごしてみて、こんなにもパソコンに依存していたのかと愕然としました。

パソコン依存と言っても、アスペ子の場合はコアな依存ではなく、いつも巡回しているポイント獲得サイトを回って、ブログを書いて、ゲームをして、ニュースを見て、調べ物をして・・というくらいの内容の依存です。ただアスペルガー症候群のために、融通がとても利かないのだと思います。

それと同じくらい、パソコンがなかった間のことをアスペ子はあまりよく覚えていません。先週のことなのに、何していたっけなぁ・・と考え込んでしまったので、主人に聞いてみました。

主人曰く「生活が安定していたところで、違う生活パターンになったから、アスペ子の頭の中が混乱しているんだと思うよ。アスペルガー症候群のためにね。だから、これを機に必要最低限のことだけをカレンダーに予定を書き入れて、あとは俺次第で決めていくという方がアスペ子には精神衛生上、良いと思うんだけど、どうかな?」と提案されました。

確かに、アスペ子は1月中旬から頭の中が整理されてない、乱雑としたタンスのようになっていました。きっと、あれしよう、これしようと言っていたことが予定通りに行っていなく、そんな時にパソコンのトラブルが発生。しかも2月1日に外食予定だったのが延期になってしまい、アスペ子の頭の中は大きな耳鳴りでいっぱいになってしまっていました。

と同時に、以前からの冷え性が急に襲いかかってきました。というと大げさですが、雪が降ったり、朝晩の冷え込みがあったりで、アスペ子の体調もとても低下してしまいました。大きな耳鳴りと急激な冷え性とで、身も心も停止寸前でしたが、良いタイミングでパソコン復活となり、今はリハビリ中です。

文章は書こうと思って書き始めてもなかなか前に進んでくれません。書きたいこと、言いたいこと、見つけたことなどがあって、それを書き綴りたいと思った時に、スラスラと文章になります。

それは主人を見ているとよくわかります。フリーライターという職業は書いてなんぼの世界。アスペ子が主人を見ていて、今日は筆(指)が乗ってるな〜と感じる時は、やっぱり良い文章になっています。成績が良いとでもいうのでしょうか、気合いの入り方、体から出ているものが違います。アスペ子はそれを見ながら「アスペ子も頑張ろう!」といつも思います。

まだまだリハビリ中で、しかもこの寒さなので、アスペ子は動きが鈍くなっています。家の中でも毛糸の帽子をかぶっています。とても変な奴です。

もう少ししてだんだんと暖かくなることを望みつつ、また新たな気持ちで、広汎性発達障害・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・ADHDのことについて書いていこうと思います。

また2月からよろしくお願いします。

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子