何もしたくない日は、うつの日?

今日は必要最低限のことしかしませんでした。

掃除、洗濯、買い物、食事の用意。何もしたくない日は時々あります。何もしない日はほとんどありません。

だから欲求が出てしまい、昼食の他にパンと豆菓子を食べてしまい、アスペ子は自己嫌悪です。

 

何もしたくないは、うつ状態

何もしたくない日があるというのは、一種のうつ病なのでしょうか?本当に何もしたくないのです。必要最低限のことだけをすると言っても、アスペルガー症候群のこだわりが邪魔をして、あっちもこっちもとアスペ子を休ませてくれません。何かに取り憑かれたように、何かをしていないといられない状態になってしまいます。

それでも何もしたくない日は、体が重く、10キロくらい太ったような感覚になります。足が重くて持ち上がらず、手に力が入らず、挙げ句の果てにトイレさえ行くのが億劫になってしまいます。

理由は先週、頑張りすぎたことと、ここのところ急に寒くなったこと、飼育している動物のヒーターが気になることくらいしか思い当たりません。本当にダメダメなアスペ子です。どうしてこんなになっちゃったのでしょう。ため息が出てしまいます。

昨年のこの時期は、年末年始のことで頭がいっぱいになっていて、あれも作ろう、これも作ろうと張り切っていた覚えがあります。

あとは、義父と義母の経営している店の片付けを年末直後まで手伝ったこと。

これは、アスペ子にとって相当な疲労でした。電車を乗り継いで東京まで出て、着いたらひたすら夕方まで片付け。アスペ子に合った仕事なら、何も考えずにか集中してこなせたのですが、難しいことになると不器用なので何もできませんでした。

しかも店舗内は暖房がついておらず、寒いのなんのって、アスペ子は貼るカイロと、何枚もの洋服を着こんで仕事に臨みました。

今思うと「あの片付けの手伝いはなんだったんだろう?」と思うくらいの重労働でした。今年は頼まれていないので、ホッと一安心のアスペ子です。

 

うつ状態になる原因は?

うつ状態になるには、必ず原因があるアスペ子です。

食べすぎちゃった、言いたいことが主人に言えない、眠いのに眠れない、飼っている魚たちが心配、など、ほんのちょっとの些細なことが原因になることが多いです。人によってうつ状態になる原因は様々でしょう。アスペ子の場合は本当に些細なことです。

その些細なことで、胃のむかつきやうつ状態になるのですから、アスペ子本人も疲れてしまいます。気にしないのが一番なのでしょうが、床に落ちている小さなゴミさえも見つけて拾って回るアスペ子に、気にするなという方が難しいのかなと思います。要はアスペ子自身の心の持ちようなのでしょうね。

早くこういうアスペ子から脱したいなと思う今日この頃です。

何もしたくない日は、タバコも吸いません。調子が良い時は、一日約15本以下くらい吸っていますが、何もしたくない日は3本くらい吸えば良い方で、アスペ子はそれを見ただけで「あ〜調子が悪いんだな〜」と思ってしまいます。

ご飯の炊ける匂い、主人の吸うタバコの匂い、家の匂いが急に敏感に感じ取れるようになり、(アスペ子は経験したことはありませんが)つわりに似た症状にもなります。

胃がムカムカしたり、食べたものを吐き出したくなったりするのですから、こちらの方はアスペルガー症候群の特徴が出ているのかもしれません。

 

うつ状態が長引いている・・・

上記のようなことばかりを感じる毎日なので、最近、情緒不安定というか、浮き沈みの波が激しくなってきたように感じます。

これはなんでなのか?主人がいて、主人の仕事も波に乗ってきて、家族同様の魚たちも元気いっぱいで、何も言うことはないはずなのに、アスペ子だけがもがいているような感じです。

暮れが近くなってきたので、一年の集大成としてアスペ子が試されているのかな?と思ったりします。ここで踏ん張れないようなら、来年は楽しくならないよと、誰かはわかりませんが「乗り切りなさい」と言われているような気がしてなりません。

アスペ子は、まだ具体的には来年の目標が定まっていなく、漠然とした考えしかないのがいけないのでしょうか?

先日、主人は「来年の目標はもう決まっているんだ」と言っていました。

主人からそういうのはとても珍しいことなので、アスペ子はビックリしたのと同時に、アスペ子は・・・まだ漠然としか来年のことを考えていないな・・・と悲観的になってしまいました。

いつもだったら、真っ先に「アスペ子はもう来年の目標は決まっているんだ!」と言っていたのに。

年始までの間に、アスペ子は来年の目標を考えようと思います。アスペ子でもいろいろできること、やれることはあるだろうし、今までやりたかったことができなくなっていたこともあるし、「挑戦」ということも時には必要だなとも思いました。

広汎性発達障害の自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群&ADHDのアスペ子も、人間です。きっと、できることがあると思います。挑戦することがあってこそ人間だと思います。ただ空気を吸って、食べて、寝て・・だけでは、福も逃げていってしまいます。

少しでも福がやってくるように、アスペ子はもっともっと回らない頭を動かすように努力していかなければいけません。

こうやって、ブログを書いていると「何もしたくない日」が「何かをしようという日」に変化しました。とても嬉しいです。

このような状態を続けていけば、きっと、きっと!

スポンサーリンク

日記帳

Posted by アスペ子