アスペルガー症候群の特徴と判断基準・2

アスペルガー症候群の特徴と判断基準・1では、今まで何度も書いてきていますが、アスペルガー症候群の特徴をアスペ子なりにまとめてみました。

今回のアスペルガー症候群の特徴と判断基準・2では、アスペルガー症候群の判断基準について書いてみたいと思います。

アスペルガー症候群の診断基準について理解するには、歴史的に自閉症がどのように定義されてきたかも知っておくとわかりやすいと思います。

自閉症は、カナーというアメリカの精神学者が1943年に定義しました。大まかに解釈すれば、言葉の後れ(コミュニケーションに言葉を使わない)があり、周囲から孤立する傾向にある人たちだけを自閉症とみなしてきました。

一方、1981年には、イギリスのローナ・ウィングによって、アスペルガーというオーストリアの医師が1944年に刊行した論文が英米にも紹介されます。

アスペルガーの論文には、知力が低いわけでなく、言葉の運用に際だった問題があるわけでもないが、社会的に不適切な発言やふるまいをする子供たちに関する臨床経験が書かれていました。

ウィングは、カナーの定義した自閉症にアスペルガーの報告したケースを統合し、さらに自閉症が軽度から重度までの連続(スペクトラム)したものであるとの考え方を示しました。これが現在でも広く採用されている自閉症の概念です。

つまり、現在アスペルガー症候群と判断されるケースが、昔は自閉症とはみなされておらず、社会的関係性を構築しづらい特性やコミュニケーション能力の低さが障害とは判断されなかったために、適切な対応プログラムも存在しなかったのです。

このため、現在は次の3つの障害について、これらがセットで認められるときに自閉症と診断されます。

・他の人との社会的関係をもつこと
・コミュニケーションをすること
・想像力と創造性

アスペルガー症候群であるかどうかは、ここからさらに詳細な診断基準によってふるいにかけられます。いずれにせよ、どのような障害があるか判断することは、それらの障害に対する適切なプログラムを適用するための行為です。

診断名を特定することが大事なのではなくて、障害に対して何をすべきか明らかにすることが最も重要視されています。

アスペルガー症候群の診断は、子供の頃から友達と上手くいかない、あるいは大人になってから友人と社交的な関係が築けなくなってきた、人の言っていることが理解できない…など、アスペルガー症候群にはさまざまなコミュニケーション上のトラブルがあります。

アスペルガー症候群を患う本人にとっても、嫌な思い出として思い当たる節があるのではないでしょうか。自分自身、もしくは自分の身近にいる人がアスペルガー症候群かもしれないと思ったら、まずは施設で診断してみましょう。アスペルガー症候群は先天的な疾患であるため、早期に発見して心理療法などを実践し、続けていく必要があります。

アスペルガー症候群かどうかの診断は、病院の精神科や地域の発達障害者支援センターなどで行っています。

インターネット上で手軽に診断をすることもできますが、ネット上は医師の判断ではなくあくまでチェックのみの段階ですので、本格的な処置は病院やクリニック、支援センターなどを利用するようにしましょう。

アスペルガー症候群の診断では、脳をレントゲンで診るような治療とは違い、器質的な部分よりもむしろ患者さんの内面をチェックして診察を行います。

子供の頃の生活や行動、言葉に対する反応、思考パターン、発話の仕方や理解力などを総合し、自閉症などと比較するなどして判断をします。検査をすればそれで明らかになるというものではなく、状態(行動)と生育歴を診断基準に照らし合わせることで行われるのです。

患者の現状を観察するだけではなく、普段の家庭や学校、職場での生活状態を詳しく聞き取る必要があります。また、生まれてから今までの生育や生活の歴史をたどって、特異な発達の問題がなかったか見ていくことも必要であり、幼い頃から本人をよく知る人からの聴き取りと情報収集が重要です。

しかし、年齢が上がるほど、幼いころの記憶は曖昧で不正確となりがちとなるため、母子手帳や育児記録、学校時代の通信簿などの資料が助けとなります。患者がどのように育ち、どのような特徴や困難を抱えているか把握していきながら、診断となるポイントが当てはまるかどうか見極めをつけていく作業を行います。

また、アスペルガーであるかという判断と同時に、ADHD(注意欠陥多動性障害)などの障害があるか、トゥレット障害など合併症を発症しているかについてもチェックを行い、初診から二回目、三回目と続けて診察を継続する場合もあります。

アスペルガー症候群を診断する際には、以下の4つの要件を満たしている必要があります。

1.言葉の発達の遅れがない

具体的には二歳までに一つ以上の言葉を話し、三歳までに二語文をはなしているとき、遅れがないと判定する。同様の症状で、言葉の遅れが認められる場合には高機能自閉症が疑われる。

2.知能が正常である

通常、IQ70以上を基準とするが、バロン・コーエンは85以上を提案している。その場合、同様の症状を持ち、IQ70~84のレンジの人を中機能自閉症と呼んでいる。

3.その他の面で発達の遅れがない

身の回りのことを自分でする自己管理能力、危険を回避しつつ自分の欲求を満たす適応行動、子供の頃においては周囲への好奇心が、年齢相応に認められる。

4.社会生活で問題が生じている

社会生活や職業生活において著しい困難が生じていること。

 

アスペルガー症候群の診断に関する注意点としてあげられることは、アスペルガー症候群は、幼いうちに早期に診断され、適切な療育を受けることが重要だということです。

発達障害者支援法には市町村や教育委員会が、発達障害の早期発見に努めることが規定されています。このため、早い段階でアスペルガー症候群と診断がつくケースが多くなってきました。

ただし、早期の発見が求められる中で、専門家も診断に十分に習熟しない事情もあり、過剰診断が下されていた事例も発生していますので、疑問を感じた場合は専門家を変えてみることも必要です。

もしアスペルガー症候群と診断されたら信頼できる情報ソースを持つことが大切です。子どものうちに自閉症やアスペルガー症候群と診断されたら、ご両親はできるだけ公的な機関や専門家の運営する団体の発信する情報に基づいてサポートをし、将来を見据えて行動することが重要です。

かかりつけ医師と相談していく際の準備として、厚生労働省のWebサイトに掲載されている一般の方向けの心の病気についての解説記事などを読むとよいです。その理由はいくつかあります。

厚生労働省のWebサイトは用語の使い方が適切であり、最新の情報に基づいています。広くインターネット上で調べてしまうと、専門家のインタビューなどであっても古い情報であることがあり、今は使われていない診断名がでてきたりします。他にも、国立障害者リハビリテーションセンターによる発達障害情報・支援センターというサイトも分かりやすく信頼性が高いです。

大人になってからアスペルガー症候群が判明した場合、真っ先に気になるのは仕事やお金の問題でしょう。仕事で苦労されている場合は障害者雇用についても検討するべきですが、やはり通常の雇用よりも報酬は下がります。

相談先には、地域の障害者就業・生活支援センターなどがあります。ご自身の障害について理解を深め、得意な分野を見つけることが先決です。薬による治療で障害のいくつかを軽減できることもあるので、医師との相談の上、才能を活かせる場を見つけてることが大切です。

(アスペルガー症候群の特徴と判断基準・3に続く)

スポンサーリンク

広汎性発達障害とは

Posted by アスペ子