アスペルガー症候群と想像力とアスペ子

常日頃、なんでこんなにアスペ子は想像力がないのだろうと思っています。

楽しいことや美味しいことや、いろいろ考えるとハッピーな気持ちになれるのが健常者。考えられないのがアスペルガー症候群のアスペ子です。

 

想像力=閃きがないのは苦しいな・・・

自閉症スペクトラムの中に入るアスペルガー症候群は、症状が自閉症に似ています。

アスペ子は学生時代に「自分は自閉症かもしれない」と思ったことがありました。プールの好きなアスペ子は、授業が終わった後に一人でプールの底に潜り「あぁ・・・」と思いながら思考が消えていく感覚を味わいました。

誰もいない空間、音のない心地よい空間、解放された空間、このままずっといたいと思う気持ちになりました。

ある介護のヘルパーさんから聞いたのですが、自閉症の人はプールに行くと必ず潜って出てこないと言っていました。アスペ子はそれに似ているのかもしれないなと思っていました。

自閉症に似ているという点では、アスペルガー症候群は想像力に障害があります。アスペ子ももちろん想像力が皆無に等しいです。

例えば日常生活の中で、想像力がないなと思うことは料理です。

生、炒める、焼く、蒸す、煮る、茹でるなど調理方法はたくさんありますが、想像力がなく臨機応変にできないアスペ子は、調理方法の使い分けができません。

目の前にキャベツがドンと1個あったら「キャベツの千切りサラダ」しか考えられないのです。乾燥ワカメがあったら味噌汁、ひき肉があったらハンバーグ、豚肉の切り落としがあったら生姜焼き、など一つのことしか浮かびません。

インターネットで料理のレシピを調べると、これでもかというくらいたくさんレシピが出てきます。なるほどなと思ったり、面倒だなと思ったり、よくこんな方法を考えられるなと感心したりしています。

じゃあ、レシピ通りに作ってみるかと作ってみたのがクッキーだったのですが、1回目は食べられないものを作りました。味の表現ができないくらいの「クッキーではないもの」でした。

2回目からはなんとなくクッキーらしいものが作れるようになり、4〜5回目くらいでやっとクッキーができました。アスペルガー症候群の不器用さがモロに出た感じです。

きっと、クッキー一つを作るにも、こうすればこうなるだろうという想像力が必要なのでしょう。それができなかったアスペ子です。

 

想像力がないことは悲しいことにも繋がってしまう

想像力のなさや不器用さがあるために、アスペ子はいつも楽しいことや、嬉しいことを掴み損ねています。掴み損ねたと思う時はまだ良い方で、思うことすらできない時の方が多いです。

小学校時代の図画工作の時間で「紙粘土で入れ物を作りましょう」という課題がありました。

みんなは一斉に紙粘土を捏ね始めました。アスペ子は何を作って良いのかわからず、想像できず、ただ椅子に座っているだけでした。何も頭に思い浮かばないのです。

しばらくして机の上を見回し、筆箱に書いてあった鳥に目が止まり「これでいいや」と、題材を決めました。どうしてもこれを作りたい、これを作ったら楽しいだろうな、こういうのは作れるかな、などという想像力がアスペ子にあったら、もっともっと楽しい授業になっていたはずです。

他には、今では笑い話になっていますが、2回目の引っ越しの時に主人にお弁当を作ってあげる時期が約半年くらいありました。アスペ子は、主人の食べるお弁当は彩りがあって、主人の好きな物を入れて・・・と、一応アスペ子なりに考えて作っていました。

もうお弁当を作らなくて良くなり、数年経った時に主人が話の流れで言いました。

「俺が卵焼きが好きだ、美味しいね、と言ったからなんだろうけど、毎日お弁当に卵焼きが入っていたよな。それとカボチャの煮付けと、サツマイモの煮付けが一日置きに入っていたっけ」

アスペ子はこの言葉を聞いて初めて、自分の作っていたお弁当の考えのなさ、想像力のなさに愕然としました。と同時に二人して大笑いしました。よく半年以上も食べてくれていたねと。

アスペ子なりに彩りや主人の好きな物を入れていたのに、それだけじゃいくら我慢強い主人だって飽きちゃうよな、と知りました。

卵焼きだったら何か具材を巻いたり混ぜ込んだり、煮物だったら他の具材を入れたり味を変えたり、ちょっとのことが全くできていませんでした。

主人になんで言ってくれなかったの?と聞いたら「せっかく作ってもらっていたし、言ったらグズになると思ったから」と言っていました。ビンゴです。きっと言われたアスペ子はイライラして手に負えない状態になっていたと思います。

アスペルガー症候群だからできないのはわかっていますが、やっぱり考える努力は必要だと思いました。そして、できることなら想像力というものが少しでも欲しいと思ったアスペ子です。

スポンサーリンク

障害に対する悩み

Posted by アスペ子