最近、また頭が痛くなり始めた理由

8月に入ったと思ったら、雷雨注意報の連発です。

アスペ子は、幼少期もそうでしたが、大人になるに従ってさらに「雷の音」が大の苦手になりました。

本当に近くで雷鳴がした時などは、主人にしがみつくほどの恐怖?を感じてしまいます。

音に対して敏感なアスペ子だからだとは思うのですが、それにしても度がすぎるほどの苦手さには、アスペ子自身、参ってしまいます。

家の中ならまだしも、外でこの大きな音の雷鳴を聞いたら・・想定されるのはパニックでしょうか。

なんとも厄介なアスペ子です。

実はアスペ子は、7月下旬辺りから、処方された薬を飲んでも、時折、頭痛がするようになりました。

原因は小さなことの積み重ねであったり、大きなことであったり、夏で暑いので若い頃に比べて年齢的に無理がきかなくなったり・・だとは思うのですが、アスペ子自身、真の理由がわかりません。

起こることには必ず原因があるのですから、考えればわかりそうなものなのですが、アスペ子の頭の中は、回転が遅く、時には止まり、真っ白になったりしています。

考えられる病名は、うつ病です。

でも、心療内科の先生は、これ以上、薬は増やせないとおっしゃっていましたし、アスペ子も薬にばかり頼っていても良くないなとも思いますし、今は八方塞がりな状態です。

多分、アスペ子のこの胸の中のモヤモヤしたものと、頭の中がこねくり回されている感覚は、同じアスペルガー症候群の人なら分かる人もいるかもしれません。(逆に、そういう症状はないという人もいるでしょう)

自分ではどうすることもできなくて、勝手にモヤモヤ、頭痛が繰り返されるのです。そういう時は「寝るに限る!」と自分自身に言い聞かせて、今現在は、仮眠をとるようにしています。

最初の頃は「寝てばかり」と罪悪感がありましたが、今では「アスペ子が仮眠をとったり、別室にいたりすることで、主人もアスペ子も楽になる時がある」と思い、実行しています。

そうすると、面白いもので、アスペ子は気分が多少スッキリし、夕ご飯の用意も苦にならなくなったりするのです。主人も、比較的、一人でいることが好きな方なので(集中して仕事をするため)、ライターの仕事もスイスイ進んでいたりします。

月末は、夕ご飯は粗食になりがちですが、それもまた美味しくて豪華にできたりすることが増えてきたのも、主人とアスペ子の家での生活スタイルを各々持つようになってからです。

アスペ子は「こうだったら、こう!」と、頑固で融通が利かない性格でした。結婚以来ずっとそのような生活をしていたのですから、うまくいくものもうまくいくはずがありません。

主人は、半ばアスペ子を突き放していたというか、どうにもならない性格だと思っていたのでしょう。それが、2年前にアスペルガー症候群で、表面に出ている理不尽なことは、アスペルガー症候群の二次障害のためだったと知った時、主人もアスペ子も、なんだか肩のにが下りたというか「そうだったのか・・そうだよな・・」という気持ちになりました。

正常な人間がするようなことができなかったアスペ子でしたから、主人は本当に我慢してくれていたのだと感謝しています。

引越しをして2年目に入るか入らないかの境目で、アスペ子はまた頭痛が始まりました。上記にも書きましたが、理由はわかりません。

ただ一つ、考えられることは・・ここに書いて良いのかどうか悩んでいましたが・・

7月下旬辺りに、ちょっとしたきっかけで、同じ自閉症スペクトラムの中の自閉症(自閉傾向を丸出しにした状態)の人に会ったことです。

それと、皆さんもご存知のように、相模原市でおきた殺人事件です。

その2つに対して、アスペ子は気にしないようにしていました。しかし、そんなに強い心を持っているわけではないので、やはり、アスペ子の心や頭に「グサリ」と何かが刺さったような、かすめていったような感覚になりました。

自分には関係ないけど関係ある。関係がありそうだけど関係がない。そう、アスペ子は処理していました。

時間が経つにつれて、どんどんアスペ子の身が縮んでいくような感覚に陥り、最終的にうつ状態になってきてしまいました。アスペ子は「なんとかしなきゃ、なんとかしなきゃ」といつもの癖が出てきてしまい、自爆寸前まで行きました。

その時に、助けてくれたのは、やはり主人の「アスペ子は俺がいるんだから大丈夫だよ」という言葉と、姪っ子からの「ヤマアラシのジレンマ」のメールでした。

アスペ子は「あぁそうだった、一人じゃないんだ・・いろいろな人が助けてくれているんだ。感謝の気持ちが足りなかったんだ」と痛感しました。

そう思うようになってからは、無くなりかけていた喜怒哀楽もまた出始め、頭痛の頻度も少なくなってきました。

感謝の気持ち、思いやり・・まだまだアスペ子には、その真意がはっきりとはわかっていませんが、これから3年目を迎える中で、少しでも成長することを目標にしました。

スポンサーリンク

障害に対する悩み

Posted by アスペ子