今年初のASの特徴が出た

今日は鏡開き。アスペ子宅では必ず鏡開きをします。

食べるのは主人もアスペ子も大好きな「お汁粉」です。昨年のうちにお汁粉用に小豆を購入しておいたので、それを使って3時のおやつに食べる予定です。

鏡開きの方法を検索していたら、縁起物なので刃物は使わず、小槌で割ったり手で割ったりするそうなのですが、アスペ子宅の鏡餅は真空パックの、いわゆる今時の鏡餅なので、一度水に浸けてから電子レンジでチンして柔らかくして手でちぎるそうです。

今まで包丁で切っていたので、今年からは止めてみようと思います。

 

アスペ子宅の年始の状況

一月一日に、アスペ子宅にも年賀状が届きました。

今年から出すところを少なくしたので届いた年賀状も少なかったですが、主人の友人が多いため、近況報告などが書いてあったり、写真入りの年賀状だったりでとても良い年賀状ばかりでした。

子供が成長していく過程が分かるので「〇〇の下の子は父ちゃん似だな」などと主人が話してくれました。

アスペ子宅から出した年賀状は、プリンターのインクの関係で黒一色でシンプルなものにしました。アスペ子関係で出した人は親友の二人だけでしたが、出さなかった人からも年賀状が来ました。

2回目の引越しの時にパートで働いていた時の同僚の人からでした。歳はアスペ子よりもずっと上で、アスペ子が何でも話せる唯一の人でした。年賀状を送っても良かったのですが、今後は出さないつもりなので、あえて携帯のメールに明けましておめでとうメールを送りました。

その人から返信があり、いろいろ家庭の事情があって、新年早々、嫁いだ娘さんのところに居候している旨が書いてありました。何があったのかはわかりません。(年賀状や年に1〜2回のメールのやりとりしかしていなかったので、この人とは、もうかれこれ7年近く会っていません)

アスペ子は自分の近況報告の返信をして、それで終わりにしようと思ったら、その人からまた返信があり、家庭の事情が良くなく悩んでいるとのことでした。アスペ子はその人の悩みに関して、アスペ子なりの考えや、アドバイスを書いて返信したのですが、なんだかその人と会話が噛み合いません。

やっとアスペ子がその人の意図とすること(相手の気持ち)がわかったのは、4〜5回目のメールを送った時でした。

つまり、たまたまアスペ子が明けましておめでとうと送った時に、その人は家のことで悩んでいて「ただ単に話を聞いて欲しかっただけ」だったのです。

それをアスペ子は、その人がアスペ子に相談してきていると思い込んでしまって、延々とアスペ子の意見やアドバイスを書き続けていました。

その人も、アスペ子からのメールを見て「何を言っているのだろう?」と思ったようで、最後には「週末には帰宅します」を2度、送ってきました。

アスペ子はその人の気を損ねてしまったように感じました。(いくらアスペ子がアスペルガー症候群だと言っても、その人には申し訳ないことをしたなと反省しています)

それから、その人からはメールが来ません。普通に考えれば、他人の家のことだし、相談されたわけではないし、もう何年も会っていない人なのだから、その人自身が解決することにアスペ子が口を出すべきではないし、極端に言えば「我が家には関係ない」ことなのです。

でもアスペ子は、相手の気持ちがわからず延々と自分本位でメールを書いてしまったこと、つまり、アスペルガー症候群の特徴を丸出しにして、無意識のうちに長文メールをどんどん書いていたことに、アスペコ自身、とてもショックを受けました。

「あぁやっぱりアスペ子は、アスペルガー症候群だ・・」そう思い、少しうつ気味になってしまいました。(思い返してみると、この人とシフトが一緒の時は、休憩時間にアスペ子一人が延々と話し続けていた覚えがあります。もしかしたらこの人も、色々話したかったことがたくさんあったのかもしれないのに・・)

アスペ子は、この日、自分はもうこの件は大丈夫と思っていましたが、ダメでした。

お風呂に入っている間中、主人に対して話しまくっていました。アスペ子の中に「アスペルガー症候群の特徴を出してしまった」というストレスが溜まってしまっていたのです。しゃべり続けていた時も、我を忘れていました。

そしてお風呂から上がってハタと気づきました。

「あぁまたしゃべり続けてしまった・・何をやっているんだ、アスペ子は!」

もうダメダメな状態になってしまい、主人に「お風呂でずっとしゃべりまくって、ごめんなさい」と謝りました。

主人はアスペ子がしゃべり続けていることがわかっていたので「ん?別にいいよ」と受け流してくれました。

さすがにこの夜は、頭痛がひどくなりそうだったので、グッドミンを飲んで早々に寝ました。

以前に比べれば、アスペ子自身が「アスペルガー症候群の特徴が出てる」「アスペルガー症候群の二次障害が出ている」と感じ取れるようにはなりました。

が、今回のような(突発性を含む)メールのやり取りは、まだまだ出来そうにありません。かと言って、毎日、家の中に閉じこもっていることも嫌ですし、話術というか、訓練も必要だなと痛感しました。

今はまだ今月の心療内科の通院をしていないので、今年の目標のようなものが漠然としかありませんが、今月の受診日に先生に今後の方針を聞けたらいいなと思っています。

ただし、アスペ子自身が言えるか(聞けるか)どうかは・・今の段階では微妙です。聞けることができたら、またブログに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

障害に対する悩み

Posted by アスペ子